02年度の軽自動車販売、日産効果でプラス

自動車 社会 社会

02年度の軽自動車販売、日産効果でプラス
  • 02年度の軽自動車販売、日産効果でプラス
全国軽自動車協会連合会が1日発表した、2002年度の軽自動車販売台数は、前の年度にくらべ1.1%減の182万4744台と3年連続で減少した。乗用車の販売実績は過去最高で、日産自動車の市場参入効果が大きかった。

軽乗用の販売台数は、前年度比2.1%増の130万9215台と2年連続で増加し、過去最高となった。販売を押し上げたのは、日産自動車がスズキからのOEM(相手先ブランドによる生産)調達により『モコ』を発売し、軽乗用市場に参入したことが大きかった。日産の同年度の軽販売実績は4万7356台で、日産の市場参入がなければ、軽乗用の販売はマイナスになる可能性が高かった。

軽貨物は前年度比8.4%減の51万5529台となり、3年連続で減少した。トラック、ボンネットバン、キャブオーバーバンの全てが前年度を下回り、景気低迷の影響を反映した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース