メーカーに払い戻し義務---リコールを個人で修理した場合「うそはダメよ」

自動車 社会 社会

アメリカのNHTSA(道路交通安全局)は、来03年1月から、後にリコール対象となったクルマへの個人の修理代金をメーカーが払い戻す義務を課す。これは2000年に起きたファイアストーン/フォードのタイヤをめぐるリコール問題からNHTSAが提唱したもので、自動車メーカーは60日以内に個人が負担した修理代金の払い戻しを行う必要がある。

ただしこうした払い戻しに詐欺はつきもので、メーカーはリコール対象となった箇所のみの修理であるか、リコール対象となった部分が故障の原因か、などを調査し、必要であれば払い戻しを拒否する権利を持つ。

しかしすべての人がディーラーなどで適切な修理を受けているとは限らず、今回のNHTSAの達しによってメーカーの負担は重くなりそうだ。

●東京モーターショー開幕近付く!! メールマガジン「デイリーニュースランキング」では毎日の記事の中からオートアスキー編集部が選んだおすすめ記事をランキングにしてお届け!! 重大ニュースの見落としがこれでなくなります。---
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集