ETC普及にはインフラも大事---東京湾アクアラインの社会実験料金

自動車 テクノロジー ITS

東京湾アクアラインでは2002年3月15日までの間、ETC利用車に対して社会実験料金を設定しており、普通車の料金は通常3000円のところ、2320円となる。記者は先日、ETC搭載車に乗って木更津東金ICからアクアラインを利用したが、そこでETCを利用するのにもどかしさを感じてしまった。

一般道からアクアラインに入ろうとしたところ、ちょっとした料金所渋滞に遭遇。坂の上には、ETC専用レーンの看板がしっかりと見えるがたどり着けない。アプローチのスペースは2車線を作れる幅があるが、路肩を少し高くして通行には1車線しか用意していなかった。そのため一般車両と混在する渋滞の列から離れたのは料金所手前30mくらいのところ。

車線を増やしてETC搭載車がスムーズに走行できるようにすれば、ETCの利便性はもっと高まると思われるが、その努力を日本道路公団はしていないようだ。専用ブースを増加してもそこに着くまでに、一般車と同様の渋滞にはまるという不便さを解消しない限り、ETCの利便は活かされない。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品