トヨタ、豊田自動織機、ポーランドにディーゼルエンジン工場

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車と豊田自動織機は16日、ポーランドにディーゼルエンジンの生産会社「トヨタ・モーター・インダストリーズ・ポーランド」を今月末に共同出資で設立すると発表した。英国やトルコで生産している『カローラ』『アベンシス』に搭載する2.0リットルクラスのディーゼルエンジンを2005年から年間12万基生産する。

新会社はポーランド第4の都市、ドルノシロンスケ県ブロツワフ市から南東に25kmのイェルチ・ラスコビツェ市に設立する。従来、2.0リットルクラスのディーゼルは豊田織機が生産し日本から供給していた。しかし欧州でのディーゼル車需要の高まりに対応し現地生産化する。

トヨタは4月から欧州生産車向けのマニュアル・トランスミッションをポーランドで生産している。また2004年からは、トヨタとPSAプジョー-シトロエンがチェコの合弁工場で05年から生産開始する新型車用の、ガソリンエンジンとマニュアル・トランスミッションも同国で生産する。トヨタはポーランドに完成車工場こそ持たないものの、欧州戦略に欠かせないディーゼルエンジンの生産を行うことで、欧州の重要な生産拠点の一つとなりそうだ。

●株式市場のチェック漏れはありませんか。メールマガジン「デイリーニュースランキング」では、毎日、自動車業界の株価の動向をウォッチングしています。ぜひ読者登録を。---
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集