あなたが現役の間は、高速道路無料解放は無いでしょう……

モータースポーツ/エンタメ 出版物

東洋経済』2月2日号
税込み価格570円 発行:東洋経済新報社

株価「100円割れ企業は本当に危ないのか?」/「明治・安田生命合併で大手生保大再編の本格的幕開け」/「ダイエーで考える“企業再生”」/日本道路公団民営化「事業拡大が招く“第二の国鉄”の悪夢」/「エンロン事件で露呈した米国の会計基準の欠陥」/「インタビュー“財務大臣塩川正十郎”」/「ニッポン製造業の復活」……(目次より)

株価100円割れは倒産の危険信号というが、必ずしも企業の実勢を反映しているとは言えず、そういった株は投資的に「買い」かもしれないそうだ。株価100円割れ企業を分析する。自動車メーカーではいすゞや日産ディーゼルが株価100円割れ。

「事業拡大が招く“第二の国鉄”の悪夢」は「徹底解剖:日本道路公団民営化」の前編。償還、プール性といったすでに知られた問題点のほか、現状の収支計算もかなり甘いものだと指摘する。『東洋経済』では国費投入、工事凍結などを勘案要素にして、今後の日本道路公団の債務推移をいくつかシミュレーション、経営破綻の危険性を論じる。

運転免許を所有する読者諸兄姉が現役の間は、約束されたはずの高速道路の無料解放は実現しなさそうだ。暗い気持ちになる。
《》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集