【2002パリ〜ダカールラリー】増岡「余裕のつもりが……」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

増岡浩(三菱パジェロ、総合優勝)---「自分では90%の力で走り続け余裕を持っていたつもりだが、振り返ると厳しさの連続だった。全体を通してコース状況の悪いところが多く、気持ちよく全開で走れるような砂漠は2、3日だった」

「ワンミスで順位が変わるという状況で、ミスをしない、無理をしない、クルマをいたわる、をずっと自分に言い聞かせて走った。アタールの休息日(6日)まではトップから5分か10分の差で5、6位にいて、勝負はそれから、と思っていた」

「クルマは、とても信頼性の高いクルマになった。大きな改造はしていないのがかえって良かったと思う。セリエス監督は走る立場で考え、指示を出してくれるので助かった。(2日前のミスコースは)ユタとタイム差があったからいいようなものの、競っていたら逆転されている」

「優勝経験者ばかりの三菱チームのなかで勝つことは、ライバルと戦うのとは違うプレッシャーがあった。ダカールに着いたとき95%まで勝てると思ったが、残る5%のリスクをゼロにするよう、最終日は慎重に走った。絶対にトラブルで止まりたくないと思っていた。誰にでも有り難う、といいたい気持ち」

●チューンドカー&ドレスアップカーの祭典、「東京オートサロン・ウィズ・オートアジア2002」が始まりました。オートアスキーは、リポートに加えてクルマとコンパニオンの写真&動画満載の特集ページを開設しています。---
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集