凶悪化する車上荒らし---制止しようとした男性をひき殺す

自動車 社会 社会

14日の未明、兵庫県姫路市内のファミリーレストランで、この駐車場に止めていた乗用車からバッグを盗もうとしていた男に対して、たまたまそれを目撃していた男性が制止したところ、犯人の運転するクルマがこの男性をひき逃げして逃走する事件が起きた。被害者は2時間後に死亡している。

事件が発生したのは14日の午前2時40分ごろで、姫路市内のファミリーレストラン駐車場で駐車場にクルマを止めて知り合いの女性と話をしていた男性が、離れていた場所に止めていたこの女性のクルマから見知らぬ男がバッグを盗もうとしているところを目撃。男に「何をしているんだ!」と制止したところ、この男は自分のクルマに乗り込んで逃走しようとした。この男性が駐車場の出口に立ちはだかり、クルマを止めようとしたが、犯人の乗るクルマはそのままこの男性をはねて逃走した。男性は収容先の病院で2時間後に死亡している。

兵庫県警・姫路警察署では、犯人は故意にこの男性をはねて逃走したと判断。殺人容疑でその行方を追っている。

現場はJR姫路駅近くの幹線道路沿い。近隣のファミリーレストランではここ数カ月の間、同様の車上荒らしが相次いでおり、店側も利用者に対して注意を呼びかけていたという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集