慶應義塾大学 エリーカニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

慶應義塾大学 エリーカに関するニュースまとめ一覧

【SIM-Drive SIM-CEL 発表】清水社長「ELiicaに匹敵する加速を実現」 画像
自動車 ニューモデル

【SIM-Drive SIM-CEL 発表】清水社長「ELiicaに匹敵する加速を実現」

SIM-Driveは3月27日、電気自動車の試作モデル『SIM-CEL(シム・セル)』を発表した。

【東京モーターショー11】インホイールモーターの実力が分かる合同展示 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー11】インホイールモーターの実力が分かる合同展示

日本のEV(電気自動車)ベンチャーの代表格と言えるシムドライブは、母体となった慶應義塾大学電気自動車研究室との合同展示を、今回の東京モーターショーで特別に設置された「スマートモビリティシティ2011」で行っている。

慶應大、EVバスを公開…エリーカを応用 画像
エコカー

慶應大、EVバスを公開…エリーカを応用

慶應義塾大学の電気自動車研究室は20日、環境省の「産学官連携環境先端技術普及モデル策定事業」として開発に取り組んできた「電動低床フルフラットバス」を公開した。

エネサーブ、大型リチウムイオン電池システム発売…スマートグリッドを想定 画像
エコカー

エネサーブ、大型リチウムイオン電池システム発売…スマートグリッドを想定

エネサーブは、エリーパワーと共同開発した多機能次世代型大型リチウムイオン電池システム『e-Libs』(イーリブス)を7月9日から販売開始した。

ガリバーと慶應大、次世代EVを共同開発 画像
エコカー

ガリバーと慶應大、次世代EVを共同開発

ガリバーインターナショナルと慶應義塾大学の電気自動車研究室は、次世代電気自動車の実用化を目的とした共同開発プロジェクトを発足した。

【エコカーワールド07】実車展示レベルにあるEVのバラエティ 画像
エコカー

【エコカーワールド07】実車展示レベルにあるEVのバラエティ

「エコカーワールド2007--低公害車フェア--」電気自動車ゾーンの展示車両を紹介する。電気自動車は、2005年度末の推定台数だが、約9900台が普及しているとのこと。今回は、2輪車も含めて10車種ほどが展示された。

慶応大学エリーカ、08年中の発売は微妙…テクノフロンティア 画像
自動車 ビジネス

慶応大学エリーカ、08年中の発売は微妙…テクノフロンティア

幕張メッセで開催された「テクノフロンティア」(18日-20日)で来場者の注目を一身に集めていたのが慶應義塾大学の『エリーカ』だ。クルマの周りにはいつも人が群がり、熱心に見つめる姿が目立った。

【EVS22】試乗車39台 画像
自動車 ニューモデル

【EVS22】試乗車39台

第22回国際電気自動車フォーラム・展示会(EVS22)では、電気自動車(EV)をはじめ、燃料電池車(FCEV)、ハイブリッドカー(HV)など、電気エネルギーを使うさまざまなクルマの試乗会が行われている。

【新聞ウォッチ】石原都知事、上機嫌で エリーカ に試乗 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】石原都知事、上機嫌で エリーカ に試乗

東京都の石原慎太郎知事が、慶応大学電気自動車研究室が民間企業と共同開発した電気自動車『エリーカ』に試乗、都庁舎周辺を約20分間走行した後、石原知事は「非常に加速が素晴らしい。リニアモーターカーに似ている」と感想を述べたという。

【エコカーワールド06】慶應大学の深謀遠慮? 画像
自動車 ニューモデル

【エコカーワールド06】慶應大学の深謀遠慮?

エコカーワールド2006で、来場者から最も注目を浴び、スタッフが質問責めにされていた慶應大学の『エリーカ』。昨年の同イベントで展示した速度記録達成車ではなく、ナンバープレートを取得した車体が置かれていた。

【東京モーターショー05】今回はホンモノを展示…慶應大学『エリーカ』 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー05】今回はホンモノを展示…慶應大学『エリーカ』

慶應義塾大学は、東京ショーのカロッツェリアコーナーに8輪電気自動車『エリーカ』を出品している。2003年に行われた前回の乗用車ショーでは、実物大モックアップの展示だったが、今回はホンモノ。

【東京モーターショー05】慶大 エリーカ---学生「電池の値段が高すぎる」 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー05】慶大 エリーカ---学生「電池の値段が高すぎる」

最高速度370km/h、0-100km/h加速4秒、160km/hまでは7秒と、市販のスポーツカーを超える性能を誇る電気自動車『ELIICA』(エリーカ)。このクルマは、慶應義塾大学電気自動車研究室が中心になって研究・開発し、民間企業のバックアップによって完成した産学協同プロジェクトの賜だ。

【エコカーワールド05】量産化! 加速する慶應大学 エリーカ 画像
自動車 ニューモデル

【エコカーワールド05】量産化! 加速する慶應大学 エリーカ

最高速度370km/hを達成した8輪EVの慶應大学『エリーカ』。しかしその目的はスピードの追求だけではない。このEVの将来計画について尋ねたところ、量産プロジェクトの存在が明らかになった(エコカーワールド、11−12日、横浜)。

【慶応大学エリーカ】“最高速度挑戦車”の中身はほとんどレースカー 画像
自動車 ニューモデル

【慶応大学エリーカ】“最高速度挑戦車”の中身はほとんどレースカー

ITS世界会議には2台の『エリーカ』が持ち込まれている。屋外展示された“最高速度挑戦車”は元F1ドライバーの片山右京さんがドライブした当時の状態が保たれていた。専用シートもそのまま。ブレーキの倍力装置は右京さんの指示によって外されている。

【慶応大学エリーカ】これが“最高速度挑戦車”の車内だ 画像
自動車 ニューモデル

【慶応大学エリーカ】これが“最高速度挑戦車”の車内だ

NHKのTV番組で開発過程が取り上げられたことで、知名度も上がってきた慶應義塾大学が開発した電気自動車『エリーカ』。04年10月に開催されたITS世界会議では“最高速度挑戦車”が屋外に展示されており、デモ走行を行った。

【ITS世界会議名古屋】凄まじい加速感…『Eliica』インプレッション 画像
自動車 テクノロジー

【ITS世界会議名古屋】凄まじい加速感…『Eliica』インプレッション

ITS世界会議の屋外展示場では、慶応義塾大学が持ち込んだ電気自動車『Eliica』(エリーカ)が自動運転デモ用として使われていたが、開発する研究室側のご好意によって自らの手でエリーカを運転させてもらうというチャンスを得た。

【ITS世界会議名古屋】デモ走行に登場した『Eliica』は最高速仕様 画像
自動車 テクノロジー

【ITS世界会議名古屋】デモ走行に登場した『Eliica』は最高速仕様

ITS世界会議の屋外展示コーナーで、異彩を放っていたのは慶應義塾大学が出品している電気自動車『Eliica』(エリーカ)だ。会場には現有する2台のエリーカが持ち込まれ、“最高速度挑戦車”は屋外展示場でデモ走行用として使用されていた。

【ITS世界会議名古屋】慶應義塾大学の『Eliica』が走る 画像
自動車 テクノロジー

【ITS世界会議名古屋】慶應義塾大学の『Eliica』が走る

慶應義塾大学は、ITS世界会議愛知・名古屋で、ITS分野における研究成果の展示発表のほか、大型ディスプレイによるGISの紹介、高性能電気自動車『Eliica』(エリーカ)やインターネットカーの展示、デモ走行を行う。

NHKスペシャルで慶應大学EV『エリーカ』放映 画像
モータースポーツ/エンタメ

NHKスペシャルで慶應大学EV『エリーカ』放映

慶應義塾大学電気自動車研究室では、環境問題への取り組みとして電気自動車『Eliica』(エリーカ)を開発、このたび試作車2台が完成した。NHK・TVの『NHKスペシャル』で開発と同時進行で撮影が進められ、2日に放映される。

【東京ショー2003速報】デザインがやりたいんです---慶應義塾大学 画像
自動車 ニューモデル

【東京ショー2003速報】デザインがやりたいんです---慶應義塾大学

ブースやパンフレットのデザイン、説明員など展示に関わる全てを学生自らがプロデュース・運営している慶應義塾大学。電気自動車研究室で養われているのは、総合的にクルマをプロデュースする力だという

【東京ショー2003速報】コンパニオンは女子大生---慶応デス 画像
モータースポーツ/エンタメ

【東京ショー2003速報】コンパニオンは女子大生---慶応デス

今回のショーの目玉のひとつ、会場中央のイベントホールで開催される「カロッツェリア展」。その中でも学生がすべてをプロデュースする慶應義塾大学。なんとコンパニオンまで女子大生だと言うからオドロキだ。

【東京ショー2003速報】空力デザインで400km/h!!---慶應義塾大学『エリーカ』 画像
自動車 ニューモデル

【東京ショー2003速報】空力デザインで400km/h!!---慶應義塾大学『エリーカ』

慶應義塾大学電気自動車研究室が今回出展した『エリーカ』。311km/hを記録した『KAZ』に続く第二段として目指すは、なんと400km/h。8輪を踏襲したデザインの中では、空力やパッケージングという制約との戦いがあった。

【東京ショー2003速報】目指せ400km/h……大学が作る電動スーパーカー 画像
自動車 ニューモデル

【東京ショー2003速報】目指せ400km/h……大学が作る電動スーパーカー

8輪の電気自動車『KAZ』で311km/hを達成した慶応大学は、400km/hを狙うプロジェクト『ELIICA』のモックアップを展示している。ELIICAはKAZと同様に産学共同プロジェクトとして進められていて、38の企業が協賛しているもの。

【東京ショー2003速報】学生が作り上げた、世界の『エリーカ』秘話 画像
自動車 ニューモデル

【東京ショー2003速報】学生が作り上げた、世界の『エリーカ』秘話

慶應義塾大学環境情報学部の電気自動車研究室(清水浩教授)の学生が中心となって作り上げた、産学連携の電気自動車『エリーカ』に世界の熱い視線が注がれている。同車は前身の『KAZ』を更にリファインしたもので、指向はまさに世界最高水準だ。

    Page 1 of 1