八重洲出版に関するニュースまとめ一覧

新年早々、爆走で迷走? ホンダと走れ!…シビック特別仕様やヴェゼル次期型 画像
モータースポーツ/エンタメ

新年早々、爆走で迷走? ホンダと走れ!…シビック特別仕様やヴェゼル次期型

定期刊行物の月号は早くも2021年になりつつある。『driver』1月号、新年一発目の特集は「ホンダ道」。驚きと感動を与え続けてくれたホンダが、最近は元気がないように見える。そもそも“ホンダらしさ”とは何なのか。爆走か、迷走か……。

日産 フェアレディZ をたっぷり…S30のデザイン開発から代官山のプロトタイプまで 画像
モータースポーツ/エンタメ

日産 フェアレディZ をたっぷり…S30のデザイン開発から代官山のプロトタイプまで

「初代S30デザイン秘話」は一読の価値あり。片山豊、松尾良彦、田村久米雄、原禎一、川又克二、吉田章夫といった名前が初代Zのデザイン開発には絡み、ひろく知られているところよりはもう少し、ヒストリーは絡まっているのだ。

万博記念公園に最新キャンピングカーが集結 「モーターキャンプエキスポ」11月21-22日開催 画像
モータースポーツ/エンタメ

万博記念公園に最新キャンピングカーが集結 「モーターキャンプエキスポ」11月21-22日開催

モーターキャンプエキスポ実行委員会(八重洲出版内)は、11月21日・22日に大阪万博記念公園お祭り広場にて「モーターキャンプエキスポ 2020特別企画 キャンピングカー商談会」を開催する。

スバル レヴォーグ 新型、評価は公道でも変わらないのか!? 発売近づく 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル レヴォーグ 新型、評価は公道でも変わらないのか!? 発売近づく

第1特集はスバル『レヴォーグ』新型。2号続けての特集となり、11月号ではサーキット試乗がメインになる。『driver』のここまでの評価は公道でもホントに変わらないのか!? そう期待させるレヴォーグ新型の正式発表は10月15日の予定だ。

スバル レヴォーグ 新型はまるで別モノ…ここをチェック 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル レヴォーグ 新型はまるで別モノ…ここをチェック

スバルの新型『レヴォーグ』、発表前取材会と記事解禁スケジュール、そして雑誌発売日の関係から、『driver』10月号が自動車雑誌では最初に特集を打つ1冊となった。「総力特集」「ついに見えた!」「早くも走った!」のアオリ文句も嘘ではない、力の入った記事。

日産 アリア はSUVの本命になるか…ビッグウェーブがおさまらない市場 画像
モータースポーツ/エンタメ

日産 アリア はSUVの本命になるか…ビッグウェーブがおさまらない市場

『driver』(ドライバー)9月号、50ページにわたる総力特集は「絶対SUV宣言」。ビッグウェーブが収まる気配のないSUV界隈、役者は揃った! ライバルの徹底比較や実走調査を実施、いよいよ本命を決める時が来たようだ。

石橋をたたいても渡らないが後出しで勝つトヨタ 画像
モータースポーツ/エンタメ

石橋をたたいても渡らないが後出しで勝つトヨタ

メイン特集は「トヨタがこんなにも売れる理由」。ここ数年で何が変わったのか、何があったのか、「アンチにも知ってもらいたい」トヨタの今を分析する。

「技術は永遠に革新である」マツダ3代目社長・松田恒次 画像
モータースポーツ/エンタメ

「技術は永遠に革新である」マツダ3代目社長・松田恒次

「マツダの魂100まで」の文字が表紙に踊る『driver』(ドライバー)7月号。コルクからSKYACTIV-Xまで、マツダの100年を特集している。デザインBest10、懐かしのカタログ、エンブレムの変遷、ライター厳選「衝撃のマツダ車」など、盛りだくさん。

『街のヘリコプター』って知ってますか?…#おうち時間 企画がいろいろ 画像
モータースポーツ/エンタメ

『街のヘリコプター』って知ってますか?…#おうち時間 企画がいろいろ

雑誌の誌面構成にもそろそろ新型コロナウイルスの影響が現れてきて、「一連の事態が終息したら(…)出かけてみませんか」「一連の事態が終息するまでドライブルートを練りに練っておきましょう」との断り書きが見られる。

一冊まるごとロータリー! 『マツダロータリーの神々』 画像
モータースポーツ/エンタメ

一冊まるごとロータリー! 『マツダロータリーの神々』

今年創業100周年を迎えたマツダの象徴とも言える「ロータリーエンジン(RE)」。熱狂的ファンも多いこのREにスポットを当てた、ビギナーからマニアまで楽しめる書籍を紹介したい。

コンパクトハッチバックに新たな時代がやってきた 画像
モータースポーツ/エンタメ

コンパクトハッチバックに新たな時代がやってきた

SUVや軽自動車が今人気のカテゴリーであることは間違いない。しかし狭い日本の道路事情故の扱いやすさやコストパフォーマンスの高さから、コンパクトハッチバックの需要も依然高い。

結局、“ベストバイ”なクルマって何? 画像
モータースポーツ/エンタメ

結局、“ベストバイ”なクルマって何?

自動車関連を扱う雑誌によく見受けられる、“新車ベストバイ”ランキング。様々なランキングが世に出回っているが、結局どのクルマがなぜ良いのか、悪いのかがハッキリと分からないことがある。

今流行っている「SUV」、その人気のワケを知りたい 画像
モータースポーツ/エンタメ

今流行っている「SUV」、その人気のワケを知りたい

今流行っているのは何か?という質問をよく耳にする。流行りのSNS?“映え”なカフェ?いやいや、答えは「SUV」でしょう。ではなぜこれほど人気が高まっているのか。その真相を『driver』3月号で明らかにする。

2019年を振り返り、話題を呼んだあのクルマは実際どうなの? 画像
モータースポーツ/エンタメ

2019年を振り返り、話題を呼んだあのクルマは実際どうなの?

毎月20日に発売している『driver』も、今号で2019年を締めくくる。発売日と発売号が異なる事情は置いておいて、様々な最新モデルが登場した2019年の終わりにもう一度評価してみようというのが今月号の特集だ。

本気で「欲しい」と思えるクルマに出会えるか 画像
モータースポーツ/エンタメ

本気で「欲しい」と思えるクルマに出会えるか

海外勢の多くが撤退するなど、開催前から不安視されていた東京モーターショー2019も無事終わり、今年を振り返ると多くの新型モデルがお披露目された。ドライバー1月号では、これから発売されるはずの注目モデル、今アツいコンパクトカー市場を特集。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 12