法務省に関するニュースまとめ一覧

劇場版『HERO』…完成報告会の場に選ばれたのは法務省 画像
エンターテインメント

劇場版『HERO』…完成報告会の場に選ばれたのは法務省

木村拓哉主演『HERO』の完成報告会見が7月5日(日)、本作の“聖地”である法務省にて開催され、木村さんをはじめ、北川景子、杉本哲太、濱田岳、正名僕蔵、吉田羊、松重豊、八嶋智人、小日向文世、角野卓造、佐藤浩市、そして鈴木雅之監督が一堂に会した。

成田空港と羽田空港、出帰国審査での顔認証技術実証実験を開始 画像
航空

成田空港と羽田空港、出帰国審査での顔認証技術実証実験を開始

法務省は、ICパスポートに搭載された顔画像を利用した出帰国審査での顔認証技術実証実験を成田空港と羽田空港で開始した。

無免許運転の厳罰化検討へ...松原国家公安委員長 画像
自動車 社会

無免許運転の厳罰化検討へ...松原国家公安委員長

松原仁国家公安委員長は7月24日の閣議後会見で、無免許運転の罰則引き上げの検討を警察庁に指示したことを明らかにした。

危険運転致死傷罪の法改正に関する小川法務大臣の考え 画像
自動車 社会

危険運転致死傷罪の法改正に関する小川法務大臣の考え

12日、京都・祇園で発生した乗用車が歩行者を次々とはねた死傷事故、車を運転していた男性はてんかんの持病があることが報道されている。事故発生の2日前となる10日、小川敏夫法務大臣が危険運転致死傷罪の法改正に関する考えを述べていた。

「被災者差別は人権侵害」法務省 画像
自動車 ビジネス

「被災者差別は人権侵害」法務省

法務省人権擁護局 は「放射線被曝についての風評被害に関する緊急メッセージ」を発表した。「根拠のない思い込みや偏見で差別することは人権侵害」

【東日本大地震】免許証期限の延長など実施…特定非常災害に認定 画像
自動車 社会

【東日本大地震】免許証期限の延長など実施…特定非常災害に認定

内閣府、総務省、法務省は、東日本大地震の被災者に対して「特定非常災害及びこれに対して適用すべき措置の指定に関する政令」を適用する。

オートバイ運転にも危険運転致死傷罪 画像
自動車 社会

オートバイ運転にも危険運転致死傷罪

オートバイ運転にも危険運転致死傷罪を適用すべきだという遺族の声を受けて、刑法改正が現実のものとなる。

自動車運転過失致死傷罪新設へ 画像
自動車 社会

自動車運転過失致死傷罪新設へ

長勢甚遠法相は、自動車運転過失致死傷罪の新設を、法制審議会(会長・鳥居淳子成城大学名誉教授)に諮問した。

「社長を続けたい」はダメ---国が買収防衛策指針 画像
自動車 社会

「社長を続けたい」はダメ---国が買収防衛策指針

経済産業省、法務省は27日「企業買収防衛策に関する指針」を公表した。ライブドアによるニッポン放送株買い付けなど、日本でもM&Aの動きが活発化し、企業側に買収防衛策へのニーズが高まっていることに対応した。

危険運転罪適用が全国で231人に---法務省が施行1年のデータまとめる 画像
自動車 社会

危険運転罪適用が全国で231人に---法務省が施行1年のデータまとめる

法務省は25日、施行後1年を迎えた危険運転罪の適用者数(事件としての起訴数)が、致死傷あわせて231人であることを明らかにした。致死罪に限れば、15件の一審判決は全て実刑判決が言い渡されているという。

【ワールドカップ】便利な空港のプレ・クリアランスも実はフーリガン対策? 画像
自動車 社会

【ワールドカップ】便利な空港のプレ・クリアランスも実はフーリガン対策?

法務省の東京入国管理局は15日、ワールドカップの開催に先駆け、日韓双方で事前入国審査を行う「プレ・クリアランス」を同日から開始した。日本からの出国手続き後、韓国側の係官が事前に入国審査を行うことで、韓国到着時にスムーズに入国できる。

施行2カ月での適用例は25---法務省が危険運転罪の運用状況を公表 画像
自動車 社会

施行2カ月での適用例は25---法務省が危険運転罪の運用状況を公表

法務省は19日、昨年12月25日に施行した危険運転罪の2月末日までの適用状況を明らかにした。適用件数は合計25件で、そのうち2件の致傷罪については検察側からの求刑がすでに行われているという。

飲酒も常習、過積載も常習---4人を殺したドライバーに懲役5年の求刑 画像
自動車 社会

飲酒も常習、過積載も常習---4人を殺したドライバーに懲役5年の求刑

昨年12月、高松市内の県道で大型トラックが乗用車に追突するという事故を起こし、このクルマに乗っていた4人を死亡させたことで業務上過失致死罪に問われていた運転手の論告求刑公判が高松地裁で8日に開かれた。検察側は懲役5年の実刑判決を求めている。

初の危険運転致傷罪---2週間の軽傷で懲役1年4カ月の求刑 画像
自動車 社会

初の危険運転致傷罪---2週間の軽傷で懲役1年4カ月の求刑

危険運転致傷罪としては全国で初めて起訴された事件の論告求刑公判が6日、宇都宮地裁真岡支部であり、飲酒運転で2人に軽傷を負わせたドライバーに対して検察側は「危険きわまりない行動だった」として、懲役1年4カ月を求刑した。

「暴走族の縄張りは人の命より重い」そんなことあるわけないでしょう 画像
自動車 社会

「暴走族の縄張りは人の命より重い」そんなことあるわけないでしょう

昨年11月、敵対する暴走族グループの壊滅を狙い、乱闘を行った際にバタフライナイフでメンバー1人を殺害したとして、殺人と監禁容疑で起訴されていた20歳の暴走族メンバー(逮捕当時少年)に対する初公判が5日、宇都宮地裁栃木支部で行われた。

ビール、酎ハイ、水割り……それだけ飲んでいれば事故は必然 画像
自動車 社会

ビール、酎ハイ、水割り……それだけ飲んでいれば事故は必然

泥酔状態でクルマを運転し、対向車に衝突するなどして危険運転致傷罪で起訴されていた28歳会社員の裁判が5日、高松地裁で始まった。酒気帯び状態での運転に適用された危険運転致傷罪の刑事裁判は他にもあるが、泥酔状態におけるものは今回が初めて。

控訴理由で裁判官のミスを指摘---証拠書類を読んでいない? 画像
自動車 社会

控訴理由で裁判官のミスを指摘---証拠書類を読んでいない?

京都地検は27日、2月18日に京都地裁で言い渡された道交法違反に関係する裁判の量刑が不服であるとして、同日付けで大阪高裁に控訴したことを明らかにした。被告が執行猶予期間中に起こした事故であるのに、裁判所のミスで実刑が認められなかったため。

高速道路での殴りあいは罪に問えない!? トラック運転手が釈放 画像
自動車 社会

高速道路での殴りあいは罪に問えない!? トラック運転手が釈放

今年1月、茨城県つくば市内の常磐自動車道下り線で、追い越し車線に停車していた大型トラックに後方から走ってきたワゴン車が追突して5人が死傷するという事故が起きたが、このトラックを路上に止めた運転手が22日に釈放されていたことが明らかになった。

交通法規の軽視が事故の原因---違反常習のドライバーは人を殺す 画像
自動車 社会

交通法規の軽視が事故の原因---違反常習のドライバーは人を殺す

危険運転致死罪として、全国で初めて起訴された27歳女性のトラック運転手に対する初公判が25日、大阪地裁境支部で開かれた。公判で被告は起訴事実を全面的に認めたが、検察側はこの被告が恒常的に違反を繰り返すなど、交通法規を軽視していた事実を指摘した。

「捜査方法を熟知せよ」横浜地検が検察官を警察署に 画像
自動車 社会

「捜査方法を熟知せよ」横浜地検が検察官を警察署に

横浜地検は12日、任官5年目の若手検事2名を神奈川県警に派遣し、警察業務を体験させる実地研修を行ったことを明らかにした。全国初の試みで、刑事事件を担当する検察官に警察組織やその捜査方法を理解させることが目的だという。

トヨタは航空機エンジンを作ろうとしていた?! 墜落事故の捜査で明らかに 画像
自動車 社会

トヨタは航空機エンジンを作ろうとしていた?! 墜落事故の捜査で明らかに

北海道・室蘭区検察庁は1日、無許可改造した飛行機を墜落させる事故を起こしたとして、トヨタ子会社の「エアフライトジャパン」の整備部次長代理を業務上過失致死罪と航空法違反罪で起訴したことを明らかにした。法人として同社も同じ罪で起訴されている。

「信号は青だった……」遺族の執念が大阪高裁を動かす 画像
自動車 社会

「信号は青だった……」遺族の執念が大阪高裁を動かす

神戸市在住の59歳女性が自転車で横断歩道を渡っていた際、大型バイクと衝突し、このバイクを運転していた男性が死亡した事故で、大阪高等裁判所は30日、事故の原因はバイクにあったという一審を破棄。女性側の重過失致死罪を認める判決を言い渡した。

中古車の個人売買は儲かる? 3億円超える所得税逃れ 画像
自動車 社会

中古車の個人売買は儲かる? 3億円超える所得税逃れ

横浜地検は29日、自動車個人売買組織である「オートウェーブ」(日本自動車個人売買協会)の理事長と、同社の税務を担当していた税理士を所得税法違反容疑で逮捕した。約3億1300万円を脱税していたという。

違法報道でひき逃げ犯に! ……男性の無念晴らせず 画像
自動車 社会

違法報道でひき逃げ犯に! ……男性の無念晴らせず

新聞社の違法な報道が原因でひき逃げ犯として誤認逮捕・起訴されたとして、山形県高畠町在住の54歳男性が、取材を行った地元新聞社と国、県を訴えていた民事訴訟で、山形地裁は29日、時効を理由に原告の請求をすべて棄却した。

「事態を混乱させたのは裁判所」、札幌地裁が異例の訴訟にピリオドを打つ 画像
自動車 社会

「事態を混乱させたのは裁判所」、札幌地裁が異例の訴訟にピリオドを打つ

一般道での82km/hオーバーという大幅なスピード違反を犯した19歳の少年が、一度は家庭裁判所で有罪判決を受けたものの、検察の判断によって同じ容疑で裁判を受けることになっていた問題で、札幌地裁は家裁の判断を覆し、少年に10万円の罰金刑を言い渡した。

    1 2 > 次
Page 1 of 2