渋滞課金、ロードプライシングに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
環境省 燃費
沖縄県、「沖縄の交通問題と解決策を考える」シンポジウムを3月29日に開催 画像
自動車 社会

沖縄県、「沖縄の交通問題と解決策を考える」シンポジウムを3月29日に開催

沖縄県は、全国でも人口に対する自動車の保有率が高く、那覇市などの中心部の交通渋滞や環境問題が深刻化していることから、県策定の「TDM施策推進アクションプログラム」を中心に、3月29日に「沖縄の交通問題と解決策を考える」シンポジウムを開催する。

米オバマ大統領VS英ロンドン…ロードプライシング問題に新展開 画像
自動車 社会

米オバマ大統領VS英ロンドン…ロードプライシング問題に新展開

2011年5月、英国を訪問した米国のオバマ大統領。ロンドン市からロードプライシング(渋滞緩和のための通行料)を支払うよう求められている問題について、新展開があった。

ミラノでロードプライシング開始 画像
エコカー

ミラノでロードプライシング開始

伊ミラノ市でも1月2日から、ロードプライシング制が開始された。適用されるのは市中心部で、時間は月曜から金曜日の7時30分から19時30分まで。該当車両は「エコパス」と名付けられたカードをタバコ店などで購入し、ダッシュボードに掲示しなければならない。

ITSジャパン「パーキングデポジットシステム」を来年導入 画像
エコカー

ITSジャパン「パーキングデポジットシステム」を来年導入

ITSジャパンは、都心部への自動車の流入を規制するPDS(パーキングデポジットシステム)を来年から愛知県で実施する。ITSの活用によりCO2を削減する「環境ITSプロジェクト」の一貫として取り組む。

レンタカー会社が プリウス を採用 渋滞課金で 画像
エコカー

レンタカー会社が プリウス を採用 渋滞課金で

イギリスのレンタカー会社、ナショナル・カー・レンタル(National Car Rental)社は、レンタカーのラインナップとして、新たにトヨタのハイブリッド・カー『プリウス』を追加した。

【伊東大厚のトラフィック計量学】シンガポールの交通政策に学ぶ その4 画像
自動車 ビジネス

【伊東大厚のトラフィック計量学】シンガポールの交通政策に学ぶ その4

シンガポールの都市交通政策の成功は、ロードプライシングなど「需要管理」のみによってもたらされたわけではない。円滑で快適な都市交通が実現したのは、「交通と土地利用計画の統合」、「道路網の拡充とその最大限の活用」、「公共交通の改善」、「道路利用の需要管理」という、陸上交通戦略の4本柱を政策パッケージとしてバランスよく実施したことにある。

【伊東大厚のトラフィック計量学】シンガポールの交通政策に学ぶ その3 画像
自動車 ビジネス

【伊東大厚のトラフィック計量学】シンガポールの交通政策に学ぶ その3

シンガポールでは、4本柱からなる陸上交通戦略に基づき、総合的に都市交通政策に取組んできた。前回、4本柱のうち「1. 交通と土地利用計画の統合」、「2. 道路網の拡充とその最大限の活用」について解説した。引き続き、「3. 公共交通の改善」以降を解説したい。

ニューヨークでも市街地乗り入れ有料化? 画像
エコカー

ニューヨークでも市街地乗り入れ有料化?

ロンドンでは2003年から、都市の中心部に乗り入れる自家用車に対しての課金制度を始めたが、ニューヨークのブルームバーグ市長がマンハッタンでも同様の取り組みを検討中だという。

【伊東大厚のトラフィック計量学】シンガポールの交通政策に学ぶ その2 画像
自動車 ビジネス

【伊東大厚のトラフィック計量学】シンガポールの交通政策に学ぶ その2

シンガポールの交通政策といえば、RPや高額の自動車税など、ドライバーにとってキツイ話ばかりが有名だ。しかし、需要管理は、シンガポール陸上交通戦略4つの柱のうち、一部に過ぎない。シンガポールの都市交通政策の成功は、これら総合的な取組みによって実現したと見るべきだろう。

【伊東大厚のトラフィック計量学】シンガポールの交通政策に学ぶ その1 画像
自動車 ビジネス

【伊東大厚のトラフィック計量学】シンガポールの交通政策に学ぶ その1

シンガポールはロードプライシングの「元祖」。ロードプライシング(Road Pricing)は、混雑区域に流入する自動車に課金することで、バスや電車の利用、混雑時間帯を避ける、混雑区域の迂回などを促し、渋滞緩和や環境改善を図ろうという施策である。

TrafficmasterのSmartNavに渋滞税ゾーン警告機能が搭載 画像
自動車 テクノロジー

TrafficmasterのSmartNavに渋滞税ゾーン警告機能が搭載

TrafficmasterのSmartNavに‘C’ という記号で表示される渋滞税ゾーン警告機能が搭載され、音声による警告と合わせて警告が知らせられる。

ロンドンの渋滞課金が西に拡大 画像
自動車 テクノロジー

ロンドンの渋滞課金が西に拡大

2月19日より、ロンドンの渋滞課金制度の対象となるゾーンが西に拡大された。同制度は、ロンドン中心部に入った自動車は8ポンド(1870円、ゾーン内居住者は90%割引)を支払う制度で、2003年から実施されているもの。

イギリスの連続手紙爆弾、「点と線」 画像
自動車 社会

イギリスの連続手紙爆弾、「点と線」

イギリスでは、月曜日から、火曜、水曜と、郵便物に仕掛けられた爆弾が爆発する事件が連続して起きている。

英マンチェスターでも渋滞課金を導入へ 画像
エコカー

英マンチェスターでも渋滞課金を導入へ

イギリスのマンチェスターでも、渋滞課金制度が導入されることになった。グレーター・マンチェスター旅客庁が24日(現地時間)に提案したもので2012年からの導入をめざす。

渋滞課金ゾーンの拡大により、渋滞が拡大する? 画像
エコカー

渋滞課金ゾーンの拡大により、渋滞が拡大する?

英国ロンドンでは、中心部に自動車が入った場合に8ポンド(1760円、ゾーン内居住者は90%割引)を支払う渋滞課金(Congestion Charge)制度が施行されている。同制度の施行から4年たった2月19日には、この渋滞課金ゾーンが、西に拡大される。

ロンドンに、電気自動車の充電スタンド登場 画像
エコカー

ロンドンに、電気自動車の充電スタンド登場

英国ロンドン中心部のウエストミンスター地区では、電気自動車の充電スタンドが道路脇に設置された。ロンドン中心部の渋滞や大気汚染を避けるために、電気自動車の利用が推進されており、その一環として設置されたもの。

【ITS世界会議06】拡大する渋滞課金ゾーン 画像
自動車 テクノロジー

【ITS世界会議06】拡大する渋滞課金ゾーン

現在ロンドンでは、渋滞課金(Congestion Charge)と呼ばれる、ロンドン中心部の指定地域に自動車が入った場合に8ポンド(1760円、ゾーン内居住者は90%割引)を支払う制度が採用されている。この渋滞課金ゾーンは、2007年2月より、西に拡大されることが決まっている。

【ITS世界会議06】走った分だけ課金…ほんとにやるの? 画像
自動車 テクノロジー

【ITS世界会議06】走った分だけ課金…ほんとにやるの?

英国ロンドンのエクセル(ExCel)にて開催中の「第13回ITS世界会議」の展示会場では、ロンドン交通局(TfL: Transport for London)が採用を検討している、自動車の走行距離に応じて課金するシステムの展示も行われていた。

渋滞課金…スウェーデンでのハイテクシステム 画像
エコカー

渋滞課金…スウェーデンでのハイテクシステム

渋滞課金は、さまざまな都市で導入されている。そしてスウェーデンのストックホルム市では、ロンドンよりも大きな成果をあげているという。ストックホルムでは、ICチップを搭載したカードを無料で配布し、バックミラーの裏に装着してもらう。

外交問題となったロンドン渋滞課金…解決へ一歩前進 画像
エコカー

外交問題となったロンドン渋滞課金…解決へ一歩前進

ロンドンで実施されている渋滞課金は、アメリカをはじめとする50数カ国の外交官が支払いを拒否しているために、外交問題になっている。先頃、アラブ首長国連邦の領事館が累積していた渋滞課金を支払うことで、市当局と和解し問題解決に向けて一歩前進した。

ロンドン市長「米大使はクルマのセールスマン」発言 画像
自動車 社会

ロンドン市長「米大使はクルマのセールスマン」発言

ロンドンのリビングストン市長が、タトル米国駐英大使を「アメリカから来たクルマのセールスマンでブッシュの手下」と酷評。話題になっている。アメリカ大使館スタッフが「外交官特権」として渋滞課金の支払いを拒否したのが市長の導火線に火をつけた。

首都高、ETCでの利用出口表示サービスを拡大 画像
自動車 テクノロジー

首都高、ETCでの利用出口表示サービスを拡大

首都高速道路は2006年3月末までに、ETCで利用した出口名をインターネット等の利用明細において表示するサービスを全ての出口において行われるよう拡大する。従来は特定料金区間、環境ロードプライシングなどの対象出口を走行した場合に限られていた。

「花の都」フィレンツェでもロードプライシング導入へ 画像
エコカー

「花の都」フィレンツェでもロードプライシング導入へ

イタリア・フィレンツェでも市街流入車に課金する「ロードプライシング制」が検討され始めた。同市のレオナルド・ドメニチ市長がこのほど明らかにしたもので、渋滞とスモッグの緩和が目的である。実施されれば1990年のオスロ、2003年のロンドンに続くものとなる。

ロンドン渋滞課金が外交問題に 画像
自動車 社会

ロンドン渋滞課金が外交問題に

英国ロンドンで実施されている渋滞課金が、外交問題へと発展してしまった。今年7月に、それまで5ポンド(1000円)だった渋滞課金が、8ポンド(1600円)へと増額されたが、それを機にアメリカ大使館の職員が支払うの停止してしまったのだ。

国交省、ロードプライシング・流入規制の導入を検討 画像
エコカー

国交省、ロードプライシング・流入規制の導入を検討

国土交通省は、ロードプライシング・流入規制の導入を検討する。「地球温暖化防止のための道路政策会議」の中間とりまとめで明らかになった。自動車交通からのCO2排出量は年間800万トン増加するとの試算に基き、道路政策を通じて増加分を実質ゼロに抑え込むための一環。

    1 2 3 > 次
Page 1 of 3