トヨタ ランドクルーザープラドに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
トヨタ ランドクルーザー250 トヨタ自動車 トヨタ ランドクルーザー300 トヨタ ランドクルーザー70
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次 >> 末尾
哀川翔と川畑真人のタッグ復活!FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRESが5年ぶりにAXCRへ参戦 画像
自動車 ニューモデル

哀川翔と川畑真人のタッグ復活!FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRESが5年ぶりにAXCRへ参戦

「FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRES」がアジアクロスカントリーラリー2024(AXCR2024)に5年ぶりのチャレンジを開始。6月26日にマシンの公式テストがプレス向けに公開された。哀川翔監督/川畑真人選手のコンビが5年前の雪辱を果たすべく本格始動した。

テインの純正互換ショック「EnduraPro」シリーズにシエンタHVなど5車種の適合が追加 画像
自動車 ビジネス

テインの純正互換ショック「EnduraPro」シリーズにシエンタHVなど5車種の適合が追加

テインがショックアブソーバー「EnduraPro PLUS」「EnduraPro」にトヨタ『シエンタ・ハイブリッド』、『マツダ3ファストバック』、マツダ『ロードスター/ロードスターRF』、テスラ『モデルY』用を、「EnduraPro HC PLUS」にトヨタ『ランドクルーザー・プラド』用の適合を追加。

ランクル250の原点、初代『ランドクルーザー・プラド』が見せた「90’sのモダーン」【懐かしのカーカタログ】 画像
自動車 ビジネス

ランクル250の原点、初代『ランドクルーザー・プラド』が見せた「90’sのモダーン」【懐かしのカーカタログ】

40系の発展型として1984年に誕生した70系。翌年の1985年にはライトデューティ指向のワゴンが誕生。その発展型として1990年に登場したのが最初の『ランドクルーザー・プラド』だった。

2024年はトヨタ『ランドクルーザー』の年⁉...新型車や新規モデル投入の話題を一挙紹介 画像
自動車 ニューモデル

2024年はトヨタ『ランドクルーザー』の年⁉...新型車や新規モデル投入の話題を一挙紹介

2024年はトヨタ『ランドクルーザー』の年になるかもしれない。昨年は『ランドクルーザー70』の改良新型が投入され、今年前半には『ランドクルーザー250』(旧『ランドクルーザープラド』)の発売が予定されている「ランドクルーザーファミリー」であるが、年内に更なる一車種が公開される可能性がある。

MIDの新作は全世界がターゲット!『東京オートサロン』デビューの注目ホイールはこれだ…東京オートサロン2024 画像
自動車 ニューモデル

MIDの新作は全世界がターゲット!『東京オートサロン』デビューの注目ホイールはこれだ…東京オートサロン2024PR

MIDは“ジャパニーズデザイン&ジャパニーズデベロップメント”をコンセプトに、供給する全てのアイテムにおいて確かな品質と安全性を約束するホイールブランド。今回紹介するのは「東京オートサロン2024」デビューとなる、MIDの新作ホイールたちだ。ドレスアップ系もスポーツ系も、どれもが魅力たっぷり。一足先に、注目のアイテム6本をピックアップしてご紹介する!

レイズの新製品16種類を最速レビュー!完全シークレットの新ホイールも登場?!…東京オートサロン2024 画像
自動車 ニューモデル

レイズの新製品16種類を最速レビュー!完全シークレットの新ホイールも登場?!…東京オートサロン2024PR

レイズは、日本が世界に誇るホイールメーカーの1つ。軽くて強い“鍛造ホイール”を造る技術は秀逸。質、量ともに他を圧倒する。そんなレイズが『東京オートサロン』での新作発表に向け、ニューモデルを大量開発。特に注目したい、7ブランド/16製品をレスポンス独占で先行チェック!そして記事の最後には、完全未発表の新ホイールの情報をご紹介。

レクサスブースで装着率No.1!オープンカントリーが北米市場で支持される本質とは…SEMA 2023 画像
自動車 ニューモデル

レクサスブースで装着率No.1!オープンカントリーが北米市場で支持される本質とは…SEMA 2023PR

アメリカ・ネバダ州に位置するラスベガス・コンベンションセンターでは毎年、世界一のカスタムカーイベント「SEMA SHOW」が開催される。

あの“世界最速のキャリアカー”が復活!サンタさんに頼むプレゼントはホットウィールに決まり 画像
自動車 ニューモデル

あの“世界最速のキャリアカー”が復活!サンタさんに頼むプレゼントはホットウィールに決まりPR

1/64スケールクラスのサイズで、独創的なミニカーを世に送り出すアメリカ生まれのミニカーブランド「ホットウィール(Hot Wheels)」。12月は世界的コレクターにちなんだオンライン限定アソートや、新旧多彩なバリエーションなど、総数30台以上におよぶ新車種情報に注目したい。

中国では「プラド」の名前が存続、ランクル250 は日本にない2.4ターボHV搭載…広州モーターショー2023展示予定 画像
プレミアム

中国では「プラド」の名前が存続、ランクル250 は日本にない2.4ターボHV搭載…広州モーターショー2023展示予定

トヨタ自動車と第一汽車の中国合弁の一汽トヨタは、11月17日に中国で開幕する広州モーターショー2023において、新型『ランドクルーザー・プラド』(Toyota LAND CRUISER Prado)の中国仕様車を初公開する。

トヨタがノアなど22車種32万台を再リコール、燃料ポンプ不具合でエンスト 画像
自動車 テクノロジー

トヨタがノアなど22車種32万台を再リコール、燃料ポンプ不具合でエンスト

トヨタ自動車は11月2日、『ノア』など22車種について、燃料ポンプに不具合があるとして、再度、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年7月3日~2020年1月14日に製造された32万8108台。

SUVに断然オススメ! 伝統とスポーティが融合したSSRの「DEVIDE ZS-D」がアツい 画像
自動車 ビジネス

SUVに断然オススメ! 伝統とスポーティが融合したSSRの「DEVIDE ZS-D」がアツいPR

SSRのSUV向けホイールブランドである「DEVIDE」。この秋からのアウトドアシーズンに向け新たにデビューした「ZS-D」は、力強いSUV向けのデザインかつSSRらしさを散りばめたスタイリングが実に個性的。早速トヨタ『ランドクルーザープラド』に装着してチェックしてみた。

【トヨタ ランドクルーザー 歴代】道を作り、暮らしを支える…ランクルの自負と誇り 画像
自動車 ニューモデル

【トヨタ ランドクルーザー 歴代】道を作り、暮らしを支える…ランクルの自負と誇り

トヨタ自動車は8月2日、新型『ランドクルーザー』を世界初公開した。発表会場には歴代ランドクルーザーが並んだ。ハンフリーズ取締役・執行役員は、「“ランクル”の物語は、ここ日本の、馬でしか行けないような場所で始まった」と語る。

[Pro Shop インストールレビュー]トヨタ ランドクルーザープラド by サウンドステーション SUBLIME 後編…ちょい古の四駆 画像
自動車 テクノロジー

[Pro Shop インストールレビュー]トヨタ ランドクルーザープラド by サウンドステーション SUBLIME 後編…ちょい古の四駆

愛車の70プラドを高音質化することをテーマにシステムアップを繰り返してきた片桐さん。ちょい古の4WD車は純正スピーカー位置などでハードルは高かったが群馬県のサウンドステーション SUBLIMEの手によるシステムアップで望みのサウンドを完成させた。

2024年から日本市場でピックアップ販売対決か…土曜ニュースランキング 画像
自動車 ビジネス

2024年から日本市場でピックアップ販売対決か…土曜ニュースランキング

今週(7月28日~8月3日)の記事を独自ポイントで集計したランキング。2位の記事内、次期型ハイラックスは2024年始めの登場が予想されており、本当ならば三菱『トライトン』の日本導入と時期が被る。日本では滅多に起こらない、ピックアップ販売の直接対決に期待がかかる。

「プラド」の名前が残った! 豪州のトヨタ『ランドクルーザー250』 画像
自動車 ニューモデル

「プラド」の名前が残った! 豪州のトヨタ『ランドクルーザー250』

トヨタ自動車(Toyota)の豪州部門は8月2日、SUVの『ランドクルーザー・プラド』新型を発表した。グローバルでの車名は『ランドクルーザー250』だが、オーストラリアでは「プラド」の名前が存続している。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 14