JR東日本の新幹線にも線路設備モニタリング装置…保守用車に試験導入 10月から 1枚目の写真(全2枚)
《出典 東日本旅客鉄道》2種類の線路モニタリング装置を搭載する「SMART-i」。この名称は、状態を把握して最適な時期に補修を行なう「CBM」と呼ばれるメンテナンス手法を実現するため、センサーなどを使ったさまざまな計測技術(センシング)を統合して、効率的・効果的な検査をスマートに行なうことから生まれた。

編集部おすすめのニュース

  • 線路保守点検中の列車待避をより確実に…JR東海が列車見張員の支援システムを改良へ 画像 線路保守点検中の列車待避をより確実に…JR東海が列車見張員の支援システムを改良へ
  • 線路設備のモニタリングデータをAIで活用…JR東日本と理研AIPが共同研究へ 画像 線路設備のモニタリングデータをAIで活用…JR東日本と理研AIPが共同研究へ
  • 鉄道総研がバラスト軌道の沈下を抑える新工法…線路保守のコストを削減 画像 鉄道総研がバラスト軌道の沈下を抑える新工法…線路保守のコストを削減
  • 進むJR東海のペーパーレス化…新幹線の線路設備管理もタブレットで 2018年4月から 画像 進むJR東海のペーパーレス化…新幹線の線路設備管理もタブレットで 2018年4月から