【画像】資料を通じ交通の歴史と文化を残したい…京都鉄道博物館の運営財団が交通資料アーカイブを立ち上げへ (1/1)| レスポンス(Response.jp)
交通資料調査センターの川端英登センター長と収集された資料。現在、写真資料が優先的にデジタル化されているが、切符などの資料も膨大にストックされており、それらはほとんどが個人からの寄贈によるものだという。センターでは、現在、資料の寄贈のみ受け付けており、資料の公開は12月1日から事前予約制で開始する予定。

資料を通じ交通の歴史と文化を残したい…京都鉄道博物館の運営財団が交通資料アーカイブを立ち上げへ 1枚目の写真・画像

《出典 公益財団法人交通文化振興財団》 交通資料調査センターの川端英登センター長と収集された資料。現在、写真資料が優先的にデジタル化されているが、切符などの資料も膨大にストックされており、それらはほとんどが個人からの寄贈によるものだという。センターでは、現在、資料の寄贈のみ受け付けており、資料の公開は12月1日から事前予約制で開始する予定。

編集部おすすめのニュース