KTMジャパン、モトクロス/クロスカントリー 2022年モデル発売へ

KTMジャパンは7月19日、2022年モトクロスモデル「SXシリーズ」6機種、クロスカントリーモデル「XCシリーズ」5機種を発表。8月より順次、販売を開始する。

SX/XCシリーズは、レースからの知識と経験を量産モデルにフィードバックし続けている競技専用モデル。2022年モデルでは、レーシングオレンジでコーティングされたフレームやブルーカラーのシート、新グラフィックを採用することで、ファクトリーマシンとの密接な関係を視覚的にも強調している。

また、フルサイズのSXと同様にレース主導の開発アプローチを採用しているジュニア向けSX(スポーツミニサイクル)には電動モデル『SX-E 5』もラインアップしている。

モトクロス/クロスカントリー 2022年モデル

・KTM 125 SX(2021年8月発売)
100万5000円
・KTM 250 SX-F(2021年8月発売)
117万8000円
・KTM 450 SX-F(2021年8月発売)
129万円
・KTM SX-E 5(2021年9月発売)
70万円
・KTM 65 SX(2021年10月発売)
59万円
・KTM 85 SX 19/16(2021年9月発売)
72万5000円

・KTM 250 XC TPI(2022年2月発売)
115万円
・KTM 300 XC TPI(2021年8月発売)
128万円
・KTM 250 XC-F(2021年8月発売)
123万5000円
・KTM 350 XC-F(2022年2月発売)
136万円
・KTM 450 XC-F(2021年8月発売)
145万円

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース