パイオニア、スマートフォンリンク対応モデルなどメインユニット7機種を発売

パイオニア FH-4600
  • パイオニア FH-4600
  • パイオニア DEH-6600
  • パイオニア DEH-5600
  • パイオニア DEH-4600
  • パイオニア MVH-6600
  • パイオニア MVH-5600
  • ドライビングサポートアイ
  • パイオニア MVH-3600

パイオニアは、スマートフォンリンクに対応したBluetooth搭載CD/USB対応モデルやUSB専用モデルなど、デザインを一新したカロッツェリア メインユニット7機種を10月より発売する。

ラインアップは2DINが「FH-4600」、1DINが「DEH-6600」「DEH-5600」「DEH-4600」およびCDドライブ非搭載の「MVH-6600」「MVH-5600」「MVH-3600」の合計7機種。

スマートフォンリンク対応5機種(FH-4600/DEH-6600/MVH-6600/DEH-5600/MVH-5600)は、専用アプリケーション「Pioneer Smart Sync」(無料)をスマートフォンにインストールすることで、メインユニットの操作ボタンからスマートフォン内のカーナビ、音楽、メッセージなどのアプリケーションや、電話の受発信、音声認識などの機能へダイレクトにアクセスし、快適に操作できる。また、スマートフォンのセンサーやカメラを使用して、前方車両の接近やレーンのはみ出しなどを検知・警告する「ドライビングサポートアイ」(有料)にも対応する。

新たにスマートフォンリンクに対応した2DINサイズの「FH-4600」は、リング状の大型ダイレクトキー(ボリュームキー、BASSキー、NAVIキー)と新テキストフォントの採用により、先進的なデザインと高い操作性を実現している。

価格はオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集