リアルタイム車両管理「キャリオット」、ドライバーライセンス販売開始へ

フレクトは、ビジネスアプリケーションのマーケットプレイス「Salesforce App Exchange」にて、リアルタイム車両管理アプリ「キャリオット」のドライバーライセンスを10月中旬より提供開始する。

キャリオットは、インターネット経由でクルマの幅広いデータの取得ができるため、属人的な管理に頼ることが多かった車両の情報を可視化し、そのデータを元にコンプライアンス強化、安全性向上、コスト削減や業務効率化をすることができるクラウドサービス。幅広い業界での導入数の増加を踏まえ、世界最大のビジネスアプリケーションのマーケットプレイス「Salesforce AppExchange」で公開、提供している。

新商品は、キャリオットの専用ドライバーライセンス。アプリから運転車両の選択や乗車前点検、運行ステータス変更などができ、ドライバーや車両管理者の業務効率化をサポートする。リアルタイムの位置情報に加え、いま何をしているかの作業ステータスを作成・通知し、クルマに関わる業務の改善に活用可能。ほかにも、Salesforceにログインすることで社用車の予約や管理者とのメッセージのやり取りなど、車両を効率よく利用するための機能を備えている。

また、ドライバーから自分の位置情報や到着予定時刻を、届け先などにもURLとして共有する「ドライブキャスト」をドライバーからも発行可能。車両管理者や届け先などの顧客が常にクルマの位置を把握しながらコミュニケーションすることにより、日々の業務効率化を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース