4月8日は「タイヤの日」、横浜ゴムがタイヤ安全啓発活動を実施

ウェットグリップ性能「a」のタイヤを選ぶ重要性を訴求するCMのワンシーン
  • ウェットグリップ性能「a」のタイヤを選ぶ重要性を訴求するCMのワンシーン
  • オートモビルカウンシル2019での横浜ゴム

横浜ゴムは、4月8日の「タイヤの日」に合わせてタイヤ安全啓発活動を4月4日から10日まで実施している。

横浜ゴムは、車の利用や遠出のドライブが増える行楽シーズンに、タイヤの定期点検やエコドライブに対する意識を高めることを目的に、タイヤ安全啓発活動を2009年から実施している。

今年は全国各地に展開するタイヤ販売店「タイヤガーデン」「グランドスラム」のうち全124店舗でタイヤ無料安全点検を実施するほか、 5月20日まで両店のウェブサイトにヨコハマタイヤウェブサイトの「かんたんタイヤ講座」に繋がる特設バナーを設置する。かんたんタイヤ講座では、タイヤの空気圧不足や偏摩耗によって起こりうるトラブルやそれを防ぐためのメンテナンス方法などについてわかりやすく解説している。

また、4月6日には大磯ロングビーチで一般ユーザー向けの試乗会を開催。空気圧が適正なタイヤと不足しているタイヤ、国内ラベリング制度でウェットグリップ性能最高グレード「a」と「c」のタイヤの比較試乗を実施し、日常点検やウェット性能の重要性を訴求する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集