デザイン重視のメンテナンスフリー自転車、2つに分割可能…ギフトショー春2019

ALUMISのノンメンテナンスフリー自転車「Rich」
  • ALUMISのノンメンテナンスフリー自転車「Rich」
  • 片軸受けにしてデザインを重視
  • フレームは6角レンチで2つに分割することが可能

東京ビッグサイトで年2回開催される「東京インターナショナル・ギフト・ショー」(12~15日、東京ビッグサイト)には、毎回日用雑貨品を中心にさまざまなアイディア商品が並ぶ。今回も気になる商品をいくつか発見した。その一つがALUMIS(アルミス)の自転車だ。

同社は佐賀県鳥栖市に本社を構えるアルミ加工品のメーカーで、これまでアウトドア用品のOEM生産や、運送業向けの電動三輪車、電動バイクなどを製作していた。もちろん自転車もつくっていたが、ママチャリが中心だった。

「せっかくつくるのなら、今までにないような自転車をつくろうとなり、デザインに特化したものにしようとなったのです。それでクラウドファンディングを通じて、資金と注文を集めたのですが、すでに150台の注文がありました」と同社の担当者は話す。

「Rich(リッチ)」と名づけられたその自転車は、街中で見かけるものとは大きく違う。メンテナンスフリーがウリで、片軸受けのシャフトドライブを採用している。これによってチェーンが切れたり、外れたり、衣服に絡んだりする心配はない。

タイヤはノーパンクタイヤを使用し、フレームがアルミ製、ホイールはマグネシウム製。ノーパンクタイヤが消耗しても、チューブタイヤを付けられるようになっており、そのためのエア挿入口がホイールについている。そのうえ、フレームは2つに分割することができ、クルマのトランクなどに収納できる。

全長1590mm、全幅611mm、全高987mmで、重量が約17kg。ホイールベースが1000mmで、タイヤサイズは24インチ、タイヤ幅が33mmとなっている。価格は5万5000円で、色は白、黒、赤の3色だが、フレームとホイールの色を組み合わせることができるので、9パターンになる。

「電動アシスト自転車が欲しいという人も多いので、現在開発しているところです。来年には発売できると思います」と担当者と話し、このリッチで自転車の国内市場の1%、約7万5000台の年間販売を目指しているそうだ。

《山田清志》

編集部おすすめのニュース

  • 電動車いす WHILL で横浜を回遊…シェアリング実証実験「未来モビリティショーケース」 画像 電動車いす WHILL で横浜を回遊…シェアリング実証実験「未来モビリティショーケース」
  • 女子学生向け電動アシスト自転車、ヤマハ発動機とあさひが共同開発 2019年1月11日より発売 画像 女子学生向け電動アシスト自転車、ヤマハ発動機とあさひが共同開発 2019年1月11日より発売
  • スバル、自転車とカーライフを愉しむ親子向けサイトを開設 画像 スバル、自転車とカーライフを愉しむ親子向けサイトを開設
  • 房総のサイクルトレイン『B.B.BASE』が初めて群馬へ…両国-高崎・前橋間で運行 5・6月 画像 房総のサイクルトレイン『B.B.BASE』が初めて群馬へ…両国-高崎・前橋間で運行 5・6月