キムコ ダウンタウン125i ABS 発売へ、クラス最大級のボディが存在感をアピール

キムコ ダウンタウン125i ABS
  • キムコ ダウンタウン125i ABS
  • キムコ ダウンタウン125i ABS
  • キムコ ダウンタウン125i ABS
  • キムコ ダウンタウン125i ABS
  • キムコ ダウンタウン125i ABS
  • キムコ ダウンタウン125i ABS
  • キムコ ダウンタウン125i ABS
  • キムコ ダウンタウン125i ABS

キムコジャパンは、125ccクラス最大級ボディの新型スクーター『ダウンタウン125i ABS』を3月11日に発売する。

ダウンタウン125i ABSは、上位モデル『ダウンタウン350i ABS』と共通のボディを採用し、全長2250×全幅780×全高1345mmと、250ccビッグスクーター同等以上の堂々たるファルムを実現。クラス最長となる1553mmのロングホイールベースによる加減速の際のピッチングの少なさ、大型段付きシートと広いフロアボードによるゆとりあるライディングポジションなど、これまでの125ccスクーターにはなかったライディング体験を提供する。

足回りも350モデルと共通。φ37mmのテレスコピックフロントフォークと強靭なスイングアームを備えたリアサスペンションにより、タンデムでのハイスピード巡航でも安定した走行が可能。また前後のボッシュ製高性能ABSがブレーキング時のスリップを抑制し、様々なシーンで安定したブレーキングを実現する。

大型シートの下にあるラゲッジスペースは、フルフェイスヘルメット2個に加え、コンパクトなレインウエアやグローブなども収納できる余裕の空間を確保。ハンドル両脇には蓋つきのグローブボックスを備え、左側にはスマートフォンの充電に便利なUSB充電器を標準装備する。

エクステリアでは、イタリア人デザイナーが手がけたアピアランスは複雑な構成で奥行感のあるスポーティーなフロント周り、シルバーの加飾リングが高級感を演出するローンバスタイプのテールランプなど、個性的でスタイリッシュなデザインに仕上がっている。

パワーユニットは、124cc水冷4サイクルSOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載。最新のEURO4規制に対応するクリーンな排出ガス性能を備えながら、クラス最高レベルの14.3psを発揮し、大柄なボディを力強く加速させる。

ボディカラーはマットグレイメタリック、マットホワイト、パールブラックの3色を用意。価格は51万8400円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集