ダイムラー、最新自動運転車で実証実験へ…1秒間に数百兆回の計算が可能

自動車 テクノロジー ITS
ダイムラーの最新自動運転車。メルセデスVクラスがベース
  • ダイムラーの最新自動運転車。メルセデスVクラスがベース
  • ダイムラーの最新自動運転車。メルセデスVクラスがベース
  • ダイムラーの最新自動運転車。メルセデスVクラスがベース
  • ダイムラーの最新自動運転車。メルセデスVクラスがベース
  • ダイムラーの最新自動運転車。メルセデスVクラスがベース
  • ダイムラーの最新自動運転車。メルセデスVクラスがベース
  • ダイムラーの最新自動運転車。メルセデスVクラスがベース
  • ダイムラーの最新自動運転車。メルセデスVクラスがベース
ダイムラーは7月18日、米国カリフォルニア州の市街地において2019年から、最新の自動運転車による実証実験を行うと発表した。

ダイムラーの最新の自動運転システムは、複数のコントロールユニットで構成されるコントロール ユニット ネットワークに依存。米国のテクノロジー企業のエヌビディア(NVIDIA)が、これに必要なプラットフォームを供給する。

このプラットフォームは、ダイムラーが車両の制御のために生成した人工知能(AI)アルゴリズムを実行することが可能。コントロールユニットのネットワークは、レーダー、カメラ、ライダー(LiDAR)および超音波技術を用いたあらゆるセンサーからのデータを照合(センサー データフュージョン)して数ミリ秒以内に評価し、車両の動きを計画する。

コントロール ユニット ネットワーク全体では、1秒間に数百兆回の計算を行うことが可能。ダイムラーによると、これはほんの数年前であれば、数台のメルセデスベンツ『Sクラス』を合わせてようやく実現できる能力という。

このコントロール ユニット ネットワークは、ダイムラーが2019年の下半期(7~12月)にカリフォルニアの公道で走行させる自動運転のフリート車両にも搭載される、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • テスラの電動トラック『セミ』に「マッドマックス」モード…自動運転のブラインドスポットに設定へ 画像 テスラの電動トラック『セミ』に「マッドマックス」モード…自動運転のブラインドスポットに設定へ
  • アストンマーティン、空飛ぶヴォランテを計画…自動運転のEV技術を搭載へ 画像 アストンマーティン、空飛ぶヴォランテを計画…自動運転のEV技術を搭載へ
  • モービルアイ、自動運転技術を百度に供給…安全性評価の数式も 画像 モービルアイ、自動運転技術を百度に供給…安全性評価の数式も
  • 完全自動運転の車内で事務作業を---ZFが新型アクティブサス開発 画像 完全自動運転の車内で事務作業を---ZFが新型アクティブサス開発

特集

おすすめのニュース