登場から53年、群馬県に残る元西武の旧型車が一部引退…上信電鉄151形 5月25日

鉄道 企業動向

元西武401系(2代目)だった上信電鉄151形。5月25日がラストランとなる。
  • 元西武401系(2代目)だった上信電鉄151形。5月25日がラストランとなる。
  • 「151形」引退を記念したヘッドマーク。
群馬県の高崎駅(高崎市)と下仁田(しもにた)駅(下仁田町)を結ぶ上信電鉄は5月7日、150形電車のうち「151形」と呼ばれるクモハ151+クモハ152の2両編成が、5月25日限りで引退することを明らかにした。

150形は現在、3編成が運用に入っているが、今回引退する「151形」は、元西武鉄道(西武)の401系(2代目)で、150形の第1編成として1992年に入線した。残る2編成は、1996年までに西武から801系、701系を譲渡されたもので、性能的にはほぼ同じであることから、上信電鉄入線後は同一形式となった。

「151形」は、元々、1964年に411系として登場したクモハ414+クハ1453の2両編成で、1978年には冷房化などが施され、西武としては2代目の401系(クモハ408+クモハ407)となった。それらの時代を含めると登場から53年が経過しており、老朽化が進んでいた。

上信電鉄ではその引退を記念して、5月8日から記念のヘッドマークを「151形」に掲出する。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集