高齢者の運転技能を維持・向上するトレーニングを開発 東北大学と仙台放送

東北大学と仙台放送は、高齢運転者の「認知機能」に直接働きかけ、個人の運転技能を維持・向上させる「新しいトレーニング」を共同開発した。

自動車 ビジネス 企業動向
(イメージ)
  • (イメージ)
東北大学と仙台放送は、高齢運転者の「認知機能」に直接働きかけ、個人の運転技能を維持・向上させる「新しいトレーニング」を共同開発した。

東北大学加齢医学研究所と仙台放送は、「ドライバーの運転技能向上トレーニング」を行うアプリケーションを産学連携で共同開発し、日本における特許を取得した。このアプリケーションは、東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授による脳科学研究の成果と、仙台放送が開発・放送している脳のトレーニング番組「川島隆太教授のテレビいきいき脳体操」の知見を融合したもの。

運転者の認知機能を高めて運転技能の維持・向上を図るトレーニングを行うもので、高齢ドライバーによる事故防止という社会課題の解決に寄与することを目指す。

アプリケーションは、画面上に表示される移動アイコンが固定アイコンに到着するタイミングでユーザーから入力があったか否かを判定する。人など、動くものを示すアイコンや電柱などの動かないものを示すアイコンなど、アイコンに種類に応じてタイミングよく入力があったか否かを判定する。このゲームをプレーしたユーザーの認知機能(作業速度)の向上を図れる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース