AIが運行するルートや時間を決めるバス…実証実験を実施へ 会津若松市

自動車 テクノロジー ITS
AI運行バスの停留所
  • AI運行バスの停留所
JTB、会津電力、NTTドコモの3社は、AI(人工知能)が最適な時間・ルートを決めて運行するバスを活用した「モビリティ・シェア事業」の実証実験を会津若松市内で3月下旬から実施する。

AI運行バスは、AIによるリアルタイム処理の活用で需要に応じ、最適な時間に、最適なルートで、最適な運行を行う、NTTドコモが提供するオンデマンドモビリティサービス。ドコモと未来シェアが共同開発しているモビリティサービスプラットフォームにより実現する。

実証実験は3月19日から25日まで、会津若松駅周辺4km四方で実施する。乗降地点は25カ所で、モニター参加者は専用スマートフォンアプリで配車を要求する。

観光客の増加や高齢化の進展、運転免許証返納などを背景に、さまざまな地域で移動手段の確保が必要になっている。今回の事業は、観光スポットと人口密集地が重なるという特徴のある同市内で、「観光客と生活者の双方が利用できるシェアリング交通」をコンセプトに、AI運行バスを活用するもの。

特に、観光用途としては、魅力ある観光スポットが1カ所に偏ることなく点在している同市にとって、柔軟に観光スポットを結ぶことが出来るAI運行バスは親和性が高く、観光客の回遊行動の促進が見込まれる。

事業では、市の複数の企業・団体の協力のもと、実証実験として市を訪れた観光客と市定住者の双方に、移動手段としてAI運行バスを無償で提供し、移動利便性向上と観光客の回遊行動の促進可能性について調査する。

実証後は実験結果について分析した結果を踏まえ、一方では観光客の回遊行動促進により、同市の観光活性化に寄与するとともに、生活者の移動利便性の向上に寄与する交通の実現を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集