DIYの強~い味方! 潰れたネジの「救出大作戦」

自動車 ビジネス 国内マーケット

DIYの強~い味方! 潰れたネジの「救出大作戦」
  • DIYの強~い味方! 潰れたネジの「救出大作戦」
  • 万が一、重症の場合でも付属するファイナルビットを使用すれば叩いて打ち込み外すこともできる
  • 電動ドライバーでも使用できるので重宝する
  • 十字溝が潰れてしまっても端の部分(赤丸)が無傷で残っている軽症の場合がほとんど
  • 使い方はいたってカンタン。ドライバーを使うのと同じ要領だ
大切にしている愛車のメンテやカスタム、はたまたガレージをDIYする読者も多いと思う。作業を進める中で、壁に当って途方に暮れることもよくあるはず。そんな一般ユーザーの“困った”をお助けするツールを紹介したい。

今回の“困った”は、皿ネジや六角穴付きネジの頭が潰れてしまったケース。通常だとハンマーなどで叩いて取り外さなければならず、衝撃を与えてはいけない母材に取り付けられていたり、叩きづらい場所など苦労した経験があるはずだ。そんな苦労を無くしてくれるツールが「ネジバズーカ(皿ネジ用)」と「ネジモグラ(六角穴付きネジ用)」だ。名前からわかる通り「ネジザウルス」でおなじみの、大阪の作業工具メーカー「エンジニア」が手がける“アイデア”工具のひとつ、特殊ドライバービットだ。



エンジニアでは、ネジの潰れ具合によって「Initial(軽症)」と「Final(重症)」に分類し、それぞれの症状にあったビットの使用を提案している。


実際には皿ネジなどの十字溝が潰れてしまっても、端の部分(赤丸)が無傷で残っている軽症の場合がほとんどで、その部分にビットのエッジを引っ掛けて回すことで、叩かないでも外せる「ハンマーフリー」を実現している。


六角穴付きネジの場合も同様で、溝が潰れてしまっても軽症であればネジを外すことが可能だ。ちなみに、六角穴付きネジ用のネジモグラは、電動ドライバーでも使用できるので重宝する。

また、万が一の重症の場合でも、ネジバズーカに付属するファイナルビットを使用すれば、叩いて打ち込み外すことも可能で、あらゆる状態のネジ外しに対応する。


使い方はいたってカンタンで、基本的にはドライバーを使うのと同じ要領だが、その実力も含めて下記の動画でチェックして欲しい。今まで外すことができなかったネジをカンタンに外すことができ、ストレス無く愛車のお手入れに励めるはずだ。ぜひ、お試しを。


《カーケアプラス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集