弘南鉄道「田んぼアート」最寄駅が冬季特別営業 2月9-12日

鉄道 エンタメ・イベント

田んぼアート駅は冬季通過扱いだが「冬の田んぼアート」(左上)開催期間中は停車する。
  • 田んぼアート駅は冬季通過扱いだが「冬の田んぼアート」(左上)開催期間中は停車する。
弘南鉄道は2月の計4日間、通常は冬季通過扱いとなっている弘南線の田んぼアート駅(青森県田舎館村)を期間限定で特別営業し、列車を停車させる。

田舎館村では色の異なる稲を使って田んぼに大きな絵を描く「田んぼアート」が行われており、田んぼアート駅は田んぼアート会場の最寄駅として2013年7月に開業した。通常の営業期間は4月から11月までで、12月から翌年3月までは列車が通過する。ただし、田んぼを覆う雪を使ったイベント「冬の田んぼアート」が冬季に開催されており、田んぼアート駅も「冬の田んぼアート」開催期間に限り列車が停車する。

今年の「冬の田んぼアート2018」は2月9日から12日まで開催される予定だ。田んぼアート駅の停車時間帯は2月9日が上り9時26分~17時26分、下り9時23分~17時23分。朝と夜の列車は通過する。一方、2月10~12日は上り9時26分以降と下り9時23分以降の列車が全て停車する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集