ボルボやロータスが空飛ぶ車に?…吉利がテラフージア社を買収へ

自動車 ビジネス 企業動向
中国の浙江吉利控股集団が「空飛ぶ車」の開発を手がける米国のテラフージア社を買収することで最終合意
  • 中国の浙江吉利控股集団が「空飛ぶ車」の開発を手がける米国のテラフージア社を買収することで最終合意
  • 米国のテラフージア社の空飛ぶ車
  • 米国のテラフージア社の空飛ぶ車
  • 米国のテラフージア社の空飛ぶ車
中国の浙江吉利控股集団(吉利)は11月13日、「空飛ぶ車」の開発を手がける米国のテラフージア社を買収することで最終合意に達した、と発表した。

浙江吉利控股集団は、スウェーデンのボルボカーズの親会社として知られる。また2017年9月には、英国のスポーツカーメーカー、グループロータスを買収。拡大路線を継続している。

テラフージア社は2006年、マサチューセッツ工科大学(MIT)の卒業生5人によって設立。本社は、米国マサチューセッツ州に置く。2019年には、最初の空飛ぶ車を市販する計画。2023年には、世界初の垂直離着陸機の実用化を目指す。

買収後も、テラフージア社の本社は引き続き米国に置き、空飛ぶ車の開発などに注力する予定。浙江吉利控股集団は、自動車業界で蓄積された技術的ノウハウを活用して、テラフージア社を支援していく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集