路上駐車していたトラックに正面衝突、バイク運転者が死亡---倉庫や工場が立ち並ぶエリア

自動車 社会 社会

29日午前2時ごろ、埼玉県川口市内の市道を走行していた原付バイクが路肩に駐車されていた大型トラックに正面衝突する事故が起きた。この事故でバイク運転者が死亡している。

埼玉県警・川口署によると、現場は川口市領家5丁目付近で車線区別のない幅員約6mの直線区間。大型トラックは路肩に駐車されていたが、対向するように進行してきた原付バイクが正面から衝突した。

衝突の弾みでバイクは転倒。運転していた同市内に在住する47歳の男性は近くの病院へ収容されたが、全身強打でまもなく死亡。トラックを運転していた41歳の男性は車内で休憩していたが、ケガはなかった。

現場は倉庫や工場が立ち並ぶエリア。トラックは荷物の積み下ろし待ちをしていたという。警察ではバイク側がハンドル操作を誤り、道路右側のトラックに突っ込んだものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集