ホンダ、VFR800シリーズを一部改良…マフラー変更やアクセサリーソケット装備

モーターサイクル 新型車
ホンダ VFR800F
  • ホンダ VFR800F
  • ホンダ VFR800X
  • ホンダ VFR800X
  • ホンダ VFR800F
  • ホンダ VFR800F
  • ホンダ VFR800F
  • ホンダ VFR800F
  • ホンダ VFR800X
ホンダは、大型スポーツツアラー『VFR800F』を一部改良し、装備を充実させるとともに、クロスオーバータイプ『VFR800X』のツーリングでの快適性を高めて、それぞれ1月16日に発売する。

VFR800Fは、ボディカラーに新色のデジタルシルバーメタリックを加え全4色設定とし、メインフレーム、フロントブレーキディスクハブ、フロントアクスルホルダーをブラックで統一。新たに左サイドカウル部にアクセサリーソケットを標準装備して使い勝手を向上させた。

VFR800Xは、フロントブレーキディスクハブ、フロントアクスルホルダーをブラックで統一し、従来のパールグレアホワイトに加え、キャンディープロミネンスレッド、マットバリスティックブラックメタリックを追加し、全3色を設定。左アッパーカウル部にはVFR800F同様にアクセサリーソケットを標準装備したほか、手動操作で5段階の調整が可能な可変タイプの「アジャスタブルウインドスクリーン」を採用した。

さらに、両モデルともに、内部構造を3室から2室に変更した異形テーパー形状マフラーを採用し、出力向上とともにV4エンジンらしい重厚で歯切れの良い排気音を実現。さらに、コンパクト化したマフラーを車体中央寄りに配置することで、マスの集中化を図り快適な操縦性を実現。また、ETC車載器とグリップヒーターの標準装備を継続している。

価格はVFR800Fが138万2400円、VFR800Xが143万6400円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集