東洋ゴム、仙台工場の使用熱エネルギー源を天然ガスに転換…CO2排出量削減へ

自動車 ビジネス 企業動向
東洋ゴム 仙台工場
  • 東洋ゴム 仙台工場
  • 東洋ゴム 仙台工場の生産設備
  • 天然ガス コージェネレーションシステム(イメージ)
  • 実際の設置例
東洋ゴム工業は12月16日、自動車用タイヤの製造拠点である仙台工場について、今後使用する熱エネルギー源を石炭・重油から天然ガスに転換すると発表した。

仙台工場は、1962年から自動車用タイヤの製造拠点として、半世紀以上にわたり事業活動を続けている。これまで同工場では、タイヤ生産で使用する熱エネルギー燃料として石炭と使用済みタイヤの混合燃焼および、重油燃焼により工場で使用する蒸気と電気をまかなうコージェネレーションボイラー設備を活用してきた。

今回、石油資源開発による、相馬LNG基地(福島県)から宮城県岩沼市へのガスパイプライン敷設計画が具体化し、同工場の所在するエリアも含め、天然ガスインフラが整備されることになった。同社はこれを機に、工場の各設備に供給する熱エネルギー設備として、天然ガスを利用した高効率の熱利用が可能なガスタービンの導入を決定した。

天然ガスは、燃焼時に大気汚染や酸性雨の原因となるSOx(硫黄酸化物)が排出されないほか、光化学スモッグなどの原因となるNOx(窒素酸化物)や温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量も少なく、石膏汚泥、フライアッシュなどの各種廃棄物発生も抑制する。

東洋ゴムは、国内生産拠点におけるCO2排出量を2020年度末までに15%削減(2005年度比)するという目標を掲げ、各生産拠点でさまざまな取り組みを進めている。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース