ANA、成田=メキシコシティ直行便就航 2017年2月15日から

航空 企業動向

ANA(イメージ)
  • ANA(イメージ)
全日本空輸(ANA)は、成田=メキシコシティ線を2017年2月15日に運航を開始することを決定した。メキシコシティは、ANAとして42番目の国際線就航都市となる。

メキシコは現在、日本や米国を含む世界40カ国以上とのFTA(自由貿易協定)を背景に、世界の製造・輸出拠点となっている。2010年からの5年間で日本による直接投資額は約2.7倍に、日系企業進出数は約2倍になるなど、自動車産業を中心に日本との経済的な結び付きが年々強まっている。今後も日本とメキシコの経済連携がさらに深まることが想定されている。

ANAでは成田=メキシコシティ直行便を毎日運航することで、日本からメキシコに渡航される乗客利便性が向上する。路線は、ANAとして最長飛行時間の路線となるため、機材には快適性に優れる「787-8」で運航する。また、成田で乗り継ぐことでアジアからメキシコへの渡航での利便性が向上する。

運航ダイヤは成田16時40分発でメキシコシティに13時55分に到着する。メキシコシティを1時00分発で成田の翌日6時35分に到着する。

成田=メキシコシティ線についても、ユナイテッド航空との共同運賃である各種割引運賃を設定する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集