ボーイング、エルアル航空から最大9機の787ドリームライナーを受注

航空 企業動向
エルアル・イスラエル航空の787ドリームライナー(1)
  • エルアル・イスラエル航空の787ドリームライナー(1)
  • エルアル・イスラエル航空の787ドリームライナー(2)
ボーイングは10月29日、エルアル・イスラエル航空から最大9機の787ドリームライナーを受注することで両社が合意したと発表した。

エルアル航空はボーイングへの発注のほかに、独立系リース会社から6機のドリームライナーをリースする。イスラエルのフラッグキャリアは既存の長距離用機材から787型機への移行を進めることで、輸送力の増強、柔軟性の高い路線設定の実施、客室快適性の強化を図る。

テルアビブのベングリオン国際空港に本拠を置くエルアル航空は1961年の707型機受領以来、保有機材はボーイング機のみ。29日現在、22機の737型機、7機の747型機、7機の767型機、6機の777型機を運航している。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース