環境学習施設 トヨタの森、「みどりの社会貢献賞」を受賞

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタの森
  • トヨタの森
  • 自然ふれあい体験プログラム
  • トヨタの森に棲むムササビ
トヨタ自動車は、環境学習施設「トヨタの森」(豊田市岩倉町)の緑化に関する取り組みが「第3回 みどりの社会貢献賞」を受賞したと発表した。

同賞は、良好な緑地管理や市民開放等による地域貢献、および生物多様性保全等の環境活動で顕著な功績が認められた企業を表彰するもので、今回で3回目。企業の主体的な都市緑化、緑豊かで潤いのある都市づくりの推進を目的として都市緑化機構が実施している。

「トヨタの森」は、トヨタ本社に近い市街地近郊の社有林を、1992年より、かつての里山をモデルとして整備し、1997年から社会貢献活動の一環として一般公開している。45haにおよぶ森林では、生きものの観察など自然に親しむためのエリアや、希少な動植物保全のためのエリアなど、本来の地形や特色を活かす整備を施している。

現在では主に環境教育の場として活用され、地域の小学生向け自然ふれあい体験学習は、豊田市内を中心に年間7000人以上が参加しているほか、様々な用途で年間約1万2000人が訪れている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集