BERSIH4.0直前調査、47%が開催に反対…ムルデカセンターが実施 マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア(イメージ)
  • マレーシア(イメージ)
公正な選挙を求める活動を行なっている非政府組織(NGO)が8月29日から31日未明にかけて実施の大規模集会、「BERSIH(クリーン)4.0」に関する直前のアンケート調査結果を世論調査機関のムルデカ・センターが発表した。

回答者の43%が集会開催に「賛成」と回答したが、47%が「反対」と答えたことがわかった。10%が「不確か」もしくは回答を拒否した。賛同者が多いイメージだが、マレー系は比較的否定論が多いことがわかった。

同調査は、8月15日から21日にかけて、マレーシア半島の21歳以上の男女を対象に電話で聞き取ったもので、1010人が回答した。民族の比率は、60%がマレー系、31%が華人系、9%がインド系。

民族別では、マレー系の70%が「反対」、わずか23%のみが「賛成」と回答し、「反対」が圧倒的に多かった。一方で華人系は「賛成」が81%に登り、わずか10%が「反対」と答えた。インド系では、51%が「賛成」、22%が「反対」と答えた。

BERSIH4.0の賛成理由として最も回答数が多かったのは、「選挙制度や議会制度の改善」だった。それに、「政府への不満」、「ナジブ・ラザク首相への不満」、「物品・サービス税(GST)導入への怒り」、「ナジブ首相の1MDB疑惑問題への怒り」が続いた。民族別ではマレー系と華人系では、「制度の改善」がそれぞれ51%、38%と最も回答率が多く、インド系では「政府への不満足」が44%でトップだった。

一方でBERSIH4.0の反対理由として、最も回答数が多かったのは。「暴力や大混乱への恐れ」が52%で最も多かった。それに「BERSIH4.0を開催しても大きな変化はない」と「ナジブ首相が辞任した場合、マレー系が尊重されなくなることへの恐れ」が続いた。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース