【ジャカルタモーターショー15】屋外展示スペースになつかしの日本車

自動車 ニューモデル モーターショー

「ModcomFest 2015, Japanese Classic Retro Show」展示風景
  • 「ModcomFest 2015, Japanese Classic Retro Show」展示風景
  • 「ModcomFest 2015, Japanese Classic Retro Show」展示風景
  • 「ModcomFest 2015, Japanese Classic Retro Show」展示風景
  • トヨタ・カローラ
  • トヨタ・カローラ
  • トヨタ・カローラ
  • トヨタ・カローラ
  • トヨタ・カローラ
ジャカルタ郊外で開催された、「ガイキンド・インドネシア国際オートショー(GIIAS)」では、屋外展示スペースも用意された。そこにはトヨタ『カローラ』をはじめとした「なつかしの日本車」が並べられ、日本人プレスの目を釘付けにしていた。

これは「ModcomFest 2015, Japanese Classic Retro Show」という企画展示。ModcomFestとはカスタムカーの話題を紹介するウェブメディア、modifikasi.comが主催するイベントの名称だ。GIIASでは日本の旧車に焦点を当てた企画とし、さまざまなカークラブから車両が出展されている。

カスタムカーのメディアが主催しているため、展示車両のほとんどすべてにカスタマイズが施されているのが特徴。一見オリジナルの状態を保っているように見える車両でも、よく見ればどこかに社外パーツが装着されている。

とくにインパクトを与えてくれるのは、極太の「引っぱりタイヤ」やオーバーフェンダー、「出っ歯」状のチンスポイラーなど、昭和時代の「街道レーサー」を彷彿させるスタイルのカローラだ。

さらにインドネシアは日本と同じ右ハンドルだが、マツダ『ファミリア』やホンダ『アコード』などはアメリカ仕様のグリルやバンパー、ランプ類を持つ。ノーマル状態を保っているように見えるトヨタ『コロナ』には、車庫証明の模造ステッカーが貼られていた。

もしかすると、この無節操なカスタマイズには眉をひそめる向きもあるかもしれない。しかしカスタマイズは他者に迷惑を及ぼさない限りユーザーの自由。インドネシアには、日本車を題材にして奔放に楽しんでくれている人がたくさんいるということでもある。
《古庄 速人》

編集部おすすめのニュース

特集