【ウェアラブルEXPO】ブラザー、手書き情報をデジタル化するボードを参考出展

自動車 ビジネス 国内マーケット

ブラザー工業がウェアラブルEXPO(東京・有明、1月14~16日)で参考出展した「デジタルボード」
  • ブラザー工業がウェアラブルEXPO(東京・有明、1月14~16日)で参考出展した「デジタルボード」
  • ブラザー工業がウェアラブルEXPO(東京・有明、1月14~16日)で参考出展した「デジタルボード」
  • ブラザー工業がウェアラブルEXPO(東京・有明、1月14~16日)で参考出展した「デジタルボード」
  • ブラザー工業がウェアラブルEXPO(東京・有明、1月14~16日)で参考出展した「デジタルボード」
  • ブラザー工業がウェアラブルEXPO(東京・有明、1月14~16日)で参考出展した「デジタルボード」
  • ブラザー工業がウェアラブルEXPO(東京・有明、1月14~16日)で参考出展した「デジタルボード」
  • ブラザー工業がウェアラブルEXPO(東京・有明、1月14~16日)で参考出展した「デジタルボード」
  • ブラザー工業がウェアラブルEXPO(東京・有明、1月14~16日)で参考出展した「デジタルボード」
ブラザー工業(名古屋市)は、ウェアラブルEXPO(東京・有明、1月14~16日)で、手書き情報をデジタル化する「デジタルボード」を参考出展。「PCのキーボード入力などが難しい作業現場や業務用車両内などでの活用もイメージしている」と同社はいう。

このデジタルボードは、幅186mm・長さ243mm・厚さ17mm、A5用紙がクリップできるサイズで、重量323gと軽い。コイルが含まれた専用ペン(電池不要)とボードの電磁誘導によってペンが描く軌道をデータ化するという。

デモ展示では、文字やラフスケッチなどをボールペンで記すような感覚で紙に書き入れ、PCと本体をUSBケーブルで接続(またはBluetooth)すると、その描画データがすぐさまPC側に転送されるという流れが紹介されていた。

「Windows、iOS、Androidに対応。高機能OCNを搭載し、イメージデータやテキストデータも自動的に保存できる」と同社。「キーボードにタイピングするほうが早いという人もいるが、やはりメモ派も多い。手書きにこだわるユーザの心に刺さると思う。商品化されれば、クリエイティブや取材・ヒアリングなどの現場でも活躍するだろう」とも話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集