ゲームに最適な、高速入力対応キーボード…専用タイトルも準備中

エンターテインメント 話題

SteelSeriesがカスタマイズ・高速入力可能なメカニカルキーボード「APEX M800」を発表
  • SteelSeriesがカスタマイズ・高速入力可能なメカニカルキーボード「APEX M800」を発表
  • SteelSeriesがカスタマイズ・高速入力可能なメカニカルキーボード「APEX M800」を発表
  • SteelSeriesがカスタマイズ・高速入力可能なメカニカルキーボード「APEX M800」を発表
  • SteelSeriesがカスタマイズ・高速入力可能なメカニカルキーボード「APEX M800」を発表
SteelSeriesは、カスタマイズ・高速入力可能なメカニカルキーボードの「SteelSeries Apex M800 Customizable Mechanical Gaming Keyboard」を発表しました。

本製品に搭載されているメカニカルスイッチは、標準的なメカニカルキーボードよりも約25%ほど速く入力することが可能で、薄型の本体とエルゴノミクスデザインにより、無駄な動作を省いて素早く入力出来ます。さらにnキーロールオーバーにより合計で256キーの同時入力にも対応しています。

また、メカニカルキースイッチの中心には表面実装型のLEDを搭載しており、1,680万色から選んで光らせることができ、明るさも調整することが出来ます。イルミネーションの変化やプリセットなどはゲームデベロッパーと共同開発をしており、対応するゲームタイトルの詳細については2015年の早い時期に告知するとのことです。

本製品のメカニカルスイッチ「QS1線形スイッチ」は新しく開発されたもので、1.5mmのアクチュエーションポイントと3mmのストロークディスタンスが実現されており、キーの耐久は6,000万回です。本体左側にはマクロキーが6キー用意されています。

カスタマイズはSteelSeriesのソフトウェア「Engine」より、プロファイルやマクロ、イルミネーションなどの機能をそれぞれ設定することが出来ます。イルミネーションパターンは3種類用意されており、特定のゲーム中では発色の変化でクールダウンタイムを見えるようにすることも可能です。

「SteelSeries Apex M800 Customizable Mechanical Gaming Keyboard」は現在海外では199.99ドルで販売中、国内での発売日や価格は未定です。
■APEX M800製品情報
サイズ(WxDxH): 604x230x62.5mm重さ: 1,370gアンチゴースティング: 256キーロールオーバーマクロキー: 6キーQS1スイッチ: ストロークディスタンス3mm、アクチュエーションポイント1.5mm耐久性: 6,000万回USBケーブル: 2m

SteelSeriesがカスタマイズ・高速入力可能なメカニカルキーボード「APEX M800」を発表

《kuma》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集