油井宇宙飛行士の初ミッションは、5月から6か月間のISS滞在

宇宙 エンタメ・イベント

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、油井亀美也宇宙飛行士の記者会見を実施した。

 油井宇宙飛行士は、今回が初めての宇宙飛行(日本人飛行士としては6人目)だが、2015年5月頃から約6か月間、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在し、宇宙環境を利用した科学実験やISSの運用を担当することが明らかにされた。

 今回の飛行で油井氏は、ソユーズ宇宙船を操縦するコマンダーの補佐役「レフトシーター」を担当する。滞在中に想定される実験としては、高エネルギー電子、ガンマ線観測装置の設置・観測(CALET)、小動物飼育装置の初期検証(その後、老化加齢研究や疾病研究に使用)、静電浮遊炉の初期検証、実証実験(工業材料の基礎研究の開始)などが計画されている。また、子供向け教育実験、アジア等との交信、民間利用の支援等も予定されている。

油井宇宙飛行士、5月よりISSに長期滞在

《冨岡晶@RBB TODAY》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集