トヨタ、西アフリカで広がるエボラ出血熱への対応支援に車両17台を寄贈

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ自動車本社(参考画像)
  • トヨタ自動車本社(参考画像)
トヨタ自動車は11月10日、西アフリカ諸国のエボラ出血熱の流行に対応するための支援として、世界保健機関(WHO)に対して、17台(約5000万円相当)の車両を寄贈すると発表した。

寄贈車両は、WHOによる医療活動支援のため、ギニア、リベリア、シエラレオネ、コンゴの各国で利用される予定だ。

また、グループ企業の豊田通商もギニア、リベリア、シエラレオネに対し、車両6台や医薬品・義捐金を各国の赤十字やUNICEF等を通じ支援を行う予定。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース