「電子チラシは節約に有効」…使った主婦の8割が好印象

エンターテインメント 話題
Q:電子チラシは節約に有効か?
  • Q:電子チラシは節約に有効か?
  • Q:調査期間中の購入先は、どのような理由で決めたか?
  • Q:節約できたお金を何に使いたいか?
  • Q:電子チラシは便利だと思うか?
  • Q:どのような点が便利だと思うか?
 先日のiPhone 6発売や各キャリアの新型機種発表で、秋の商戦が白熱しているスマートフォン(以下、スマホ)市場。最近は、新聞を購読せずにスマホでニュースをチェックしたり、買い物をスマホで済ませるなど、日々の生活で活用している人も多いだろう。仕事や家事、育児、介護などで多忙な主婦にとっても、スマホでの情報収集は必要不可欠だ。

 このたび、電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」を運営する凸版印刷は、既婚女性180人に対し、「主婦の食品購入に関する節約体験調査」を実施。同サービスは、スーパーマーケットやドラッグストア、百貨店など約3000法人、約10万3000店舗が参加している無料ポータルサービスだ。

 調査の結果、2週間にわたって電子チラシを体験した主婦の約8割が節約に有効と答え、1ヵ月の食費は平均2921円の節約、毎日買い物をする主婦では平均7288円の節約が可能なことが明らかとなった。

 調査期間中の食品の購入先は、約6割以上が「チラシを見て安い商品があったから」、「特売品があったから」と回答。安く買えた食品も項目別に調査したところ、約9割が「生鮮食品を安く購入できた」と答えており、電子チラシをこまめにスマホでチェックすることで、毎日のお買い得品を発見して購入していたことがうかがえる。加えて、節約できた分のお金の利用法については、「購入品目を増やす」が最も多かったものの、「家計の貯金に回す」など消費税増税を見据えた貯蓄傾向も多く見られた。

 また、電子チラシの利便性について、約8割強の主婦が「便利」だと回答しており、「前日の夜に明日のチラシを見られる」(60.4%)、「新聞を購読していなくてもチラシがチェックできる」(54.5%)、「職場や外出先からでもチラシがチェックできる」(45.5%)といった理由が上位に。仕事や家事、育児、介護などで多忙な主婦は、自分の時間がある前日の夜に買い物の計画を立てたり、通勤や外出先での“スキマ時間”を有効活用している様子。今後、電子チラシをはじめ、ネットスーパーの利用など、スマホを利用した家事が主流になることが予想される。

「電子チラシ」、職場や外出先でもスマホを使って節約上手に

《渡邊晃子@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース