ジヤトコ、メキシコ第2工場の稼動開始…日産向けなど、AT・CVT年産40万基

自動車 ビジネス 企業動向

Jatco CVT8 HYBRID
  • Jatco CVT8 HYBRID
  • Jatco CVT8
  • 新型日産 パスファインダー ハイブリッド
  • 日産アルティマの2015年モデル
ジヤトコはメキシコ・アグアスカリエンテス州に2億2000万ドル(205億円)を投資して、自動車用変速機(AT・CVT)生産の第2工場を設立。9月10日に開所式を行った。

第2工場の生産能力は年間約40万台。2005年に生産開始した第1工場と合わせ、メキシコでの生産能力は年間約170万台となる。

新工場では中・大型FF車用の「Jatco CVT8」とFFハイブリッド車用「Jatco CVT8 HYBRID」の2機種を生産する。Jatco CVT8は、北米市場では日産『アルティマ』や『ローグ(エクストレイル)』など、Jatco CVT8 HYBRIDは日産『パスファインダーハイブリッド』に搭載されている。

同社がメキシコ・アグアスカリエンテス州に第2工場を設立したのは、レベルの高い技術者の雇用が確保できること、メキシコの良好な経済状況、多くの自動車関連企業が同州に積極的な投資を行っていることなどが主な理由。また、新工場は日産の第2工場の近くに立地し、株主でもある日産自動車との関係を強化する上での役割も担っている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集