【ダイハツ ハイゼット トラック 新型発表】顔つきしっかり、“生き生きと働ける”デザイン

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
新型ダイハツ『ハイゼットトラック』の外観デザインコンセプトは、“TOUGH & ENERGY”である。

同社デザイン部デザイン室課長の岡野守展さんは、このコンセプトワードについて、「軽トラックでは当たり前なのだが、頑丈さや丈夫さのTOUGH(タフ)。そして、ENERGY(エナジー)は、活力という意味でとらえている」と話す。つまり、「このクルマを使って活動的になるとか、キビキビ行こうという意味合いだ」と説明。

では、具体的にどうデザインしたのか。「しっかりとした顔つきにすることで、丈夫さや信頼感を表現した」と岡野さん。そして、「少し動きを持たせたデザインにした。ハイゼットトラックのDNAであるヘッドライトは、少し角ばってはいるものの、フロントウインドウ下から、グリルに向かっての曲線などで、勢いを感じさせているのだ」と述べる。

「そういったところで(ハイゼットトラックの)DNAを引き継ぎながら、このクルマに乗ることで、生き生きと働けるようにという意味を込めてデザインしている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集