海ほたる駐車場で「防煙垂れ壁」が垂れ下がりバスに接触

NEXCO東日本によると、東京湾アクアライン 海ほたるPA(上り)において、立体駐車場の天井に設置している防煙垂れ壁の一部が垂れ下がり、通行中の路線バスに接触する事象が発生した。

自動車 社会 社会
NEXCO東日本によると、東京湾アクアライン 海ほたるPA(上り)において、立体駐車場の天井に設置している防煙垂れ壁の一部が垂れ下がり、通行中の路線バスに接触する事象が発生した。

事故が発生したのは、2014年9月7日13時10分。海ほたるPA(上り)1階駐車場にある防煙垂れ壁が垂れ下がり路線バスに接触、左側方の屋根の一部がへこみ、側面に擦り傷がついた。路線バスの乗客やPAの利用者への人的被害はなかった。

垂れ下った防煙垂れ壁は、火災発生時に天井に沿って広がる煙の拡散を防ぐもの。材質は、ケイ酸カルシウム板と軽量鉄骨でできている。寸法は、約4.5m×0.5m。重量は約30kg。

原因については調査中としている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集