20年愛されるナイキの人気スニーカーを、アウトドアブーツ風にリメイク

エンターテインメント 話題
エア フォームポジット 1
  • エア フォームポジット 1
  • エア フォームポジット 1
  • エア フォームポジット 1
  • エア フォームポジット 1
  • エア フォームポジット 1
20年近く前に発売された「エア フォームポジット 1」は、機能性をたえず向上させ、現代のアイコンに成長した一足。

伝統を築きながら、新たな美学で磨かれてきた「エア フォームポジット 1」。それがはっきり表れているのが、屋外に適した合成ヌバック仕上げだ。一体成型フォームポジット構造のアッパーやカーボンファイバー製シャンク。また、シュータン、かかと、アウトソールにあしらわれた1Centのビンテージバッジなど、アイコニックなデザインの特徴はすべてそのままで、日常に履けるスタイルを採用。トップからソールまでブーツのイメージを反映したデザインに変わり、丈夫なアイレットとシューレース、ガムソールが取りいれられている。

この最新のデザインでは、街歩きに似合う素材を使うことで、アイコニックな高性能シューズのシルエットを再構築している。

「エア フォームポジット 1」、ウィートカラーは9月6日午前9時、Nike.comにて発売予定だ。価格は2万5920円。

伝統を築きながら、新たな美学で磨いた「エア フォームポジット 1」

《礒崎遼太郎@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース