アウディ 世界販売、5.6%増の12万台超え…Q3 は40%の大幅増 8月

自動車 ビジネス 海外マーケット

アウディ Q3
  • アウディ Q3
  • アウディ A3 セダン
  • 新型アウディ A3 スポーツバック
アウディのドイツ本社は9月8日、8月の世界新車販売の結果を明らかにした。総販売台数はおよそ12万5300台。前年同月比は5.6%増と、56か月連続で前年実績を上回った。

市場別では、回復傾向にあった欧州が減速。8月は4万2850台にとどまり、前年同月比は7.1%減と、9か月ぶりに前年実績を下回った。このうち、地元ドイツは26.6%減の1万4034台と、8か月ぶりの前年実績割れ。

英国は8月、5405台を売り上げ、前年同月比は21%増と20か月連続で増加。フランスは3665台を販売し、前年同月比は2.9%増と8か月連続のプラス。スペインも2.1%増の2204台と、8か月連続で前年実績を上回る。イタリアは29.2%増の3196台と、5か月連続のプラス。一方、ロシアは6%減の2601台と、4か月連続で前年実績を割り込む。

また、中国(香港を含む)は4万7145台を売り上げ、前年同月比は10.2%増と18か月連続で増加した。米国は1万7101台を販売。前年同月比は22.1%増と、44か月連続で前年実績を超えている。

車種別では、新型『A3』シリーズが引き続き牽引。8月は小型SUVの『Q3』も、前年同月比40%増と大きく伸びた。

アウディの2014年1-8月世界新車販売は、前年同期比10.5%増のおよそ113万8700台と過去最高。同社のルカ・ディ・メオ営業担当取締役は、「厳しい市場環境にもかかわらず、アウディ車に対する需要は、依然として伸びている」と述べた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集