ペダル踏み間違えコンビニに突っ込む、従業員が死亡

5日午前9時35分ごろ、大阪府東大阪市内のコンビニエンスストア駐車場で乗用車が暴走し、店外にいた従業員の男性をはねた後、建物内に突入する事故が起きた。この事故で男性は死亡。店内の客1人も軽傷を負った。警察はクルマの運転者を逮捕している。

自動車 社会 社会
5日午前9時35分ごろ、大阪府東大阪市内のコンビニエンスストア駐車場で乗用車が暴走し、店外にいた従業員の男性をはねた後、建物内に突入する事故が起きた。この事故で男性は死亡。店内の客1人も軽傷を負った。警察はクルマの運転者を逮捕している。

大阪府警・布施署によると、現場は東大阪市柏田本町付近にあるコンビニエンスストアの駐車場。乗用車は前向きで駐車スペースに進行していたが、突然加速。店の前でタバコを吸っていた33歳の男性従業員をはねた後、入口のガラスドアを突き破って建物内に突入した。

この事故でクルマの下敷きとなった従業員の男性は収容先の病院で死亡。店内にいた29歳の男性も飛散したガラスで足を切るなどの軽傷を負った。警察はクルマを運転していた八尾市内に在住する79歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕。1人死亡後は容疑を同致死傷に切り替え、調べを続けている。

死亡した従業員の男性は休憩中だったという。聴取に対して男は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」などと供述しており、警察は事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集