電子看板の前で、ふたりの仲良し写真が撮れる「LoveCamera」

エンターテインメント 話題

利用時のイメージ
  • 利用時のイメージ
  • 「LoveCamera」システム構成
 凸版印刷は4日、デジタルサイネージの前で2人が触れ合った瞬間に写真を撮影する、体験型システム「LoveCamera(ラブカメラ)」を発表した。流通業界やイベント業界に向け、9月中旬より販売を開始する。

 「LoveCamera」は、2人が「手をつなぐ」「肩を組む」「抱き合う」などして触れ合った瞬間を、デジタルサイネージのカメラが自動的に撮影するシステム。デジタルサイネージに接続したプリンタを使用し、写真をその場でプリントアウトすることで、記念として持ち帰ることが可能。Webとの連携にも対応する。

 導電性のある身の回りのものをコンピュータの入力デバイスにできる「Makey Makey」(MITメディアラボが開発)をもとに、凸版印刷が回路を組み直し、反応性と操作性をアップさせるとともに、デジタルサイネージやプリンタと連携したシステムを構築した。2つのグリップをそれぞれ2人が手に持ち、お互いに触れることで、シャッターが切られる。

 イベントなどでの利用の場合、基本料金1日120万円から利用可能(デジタルサイネージ、システム機器などの機材レンタル料、設置費用、ライセンス使用料を含む)。

2人が触れ合うと写真を撮影する「LoveCamera」……体験型サイネージ

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース