【宇宙博2014】若田さんになりきって「きぼう」の船内実験室へ…爆問太田も「夢のまた夢」と

宇宙 エンタメ・イベント

「きぼう」船内実験室
  • 「きぼう」船内実験室
  • 爆笑問題が「きぼう」から登場
  • 手前の機器が船外実験プラットフォーム、上部円筒状の機器が船内保管室
  • 爆笑問題のふたりも興奮
  • 太田の暴走に記者陣も大笑い
  • 日本実験棟「きぼう」実物大モデル
  • 日本実験棟「きぼう」実物大モデル
  • 日本実験棟「きぼう」実物大モデル
「SPACE EXPO 宇宙博 2014 NASA・JAXAの挑戦」(千葉・幕張メッセ、7月19日~9月23日)では、国際宇宙ステーション(ISS)に取り付けられている日本実験棟「きぼう」の実物大モデルが注目を集めている。

「きぼう」は、地上と同じ1気圧で温度や湿度が活動しやすい環境に保たれた「船内実験室」と、ISS唯一の宇宙空間にさらされた「船外実験プラットフォーム」、実験材料などを保管する「船内保管室」の3つで構成されている。

「ここから地球を見てみたいね」と言う爆笑問題・太田光は、「ここって若田さんが地球に映像を送っていたところでしょ。意外と狭いんだね」と感想をもらしていた。

実物大モデルでは、その船内実験室に入ることができる。壁面には、重力下でも微小重力下でも細胞を培養できる細胞実験ラックや、1600度の鉄まで溶かせる電気オーブン・勾配炉ラックなどさまざまな機能を持つ構成要素を間近に見ることができる。

18日の報道内覧会で、船内実験室から出てきた太田は、「宇宙とは関係ない埼玉の出身、子どものころは宇宙は夢のまた夢。アポロ月面着陸から、宇宙の時代が始まったけど、宇宙ステーションなんて考えられなかった。埼玉には普通の駅すらなかった」と冗談を飛ばしていた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集