女子大生コラボ機内食は「ふんわりパンケーキ」と「カラフルリゾット」…ジェットスター、7月30日から提供

航空 企業動向

ジェットスター・ジャパン、昭和女子大学 共同会見
  • ジェットスター・ジャパン、昭和女子大学 共同会見
  • ジェットスター・ジャパン、昭和女子大学 共同会見
  • ジェットスター・ジャパン、昭和女子大学 共同会見
  • ふんわりパンケーキのりんごソース添えとソーセージ
  • ジェットスター・ジャパン、昭和女子大学 共同会見
  • ジェットスター・ジャパン、昭和女子大学 共同会見
  • ジェットスター・カラフルリゾット ソーセージ添え
  • ジェットスター・ジャパン、昭和女子大学 共同会見
格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは7月7日、昭和女子大学の学生と共同で開発した機内食を報道陣に公開した。

ジェットスター・ジャパンでは成田-那覇線や成田-新千歳線など飛行時間が70分以上の9路線を対象に「プリオーダーミール」と名付けた事前予約制の機内食の提供を7月30日から提供を開始する。プリオーダーミールは4つのメニューの中から選ぶことができ、このうちのひとつを昭和女子大の生活科学部健康デザイン学科および管理栄養学科の10名の学生が開発を手がけた。

機内食の開発にあたり学生たちは利用者やジェットスターの客室乗務員への聞き取り調査なども行ったほか、冷凍での保存から温め直しまでの温度変化にも耐えられるようなメニューを試行錯誤の末、考案したという。

今回報道陣に公開されたのは7月から10月まで提供される「ふんわりパンケーキのりんごソース添えとソーセージ」と、11月から来年2月までのメニューとなる「ジェットスター・カラフルリゾット ソーセージ添え」の2つ。

このうち「ふんわりパンケーキのりんごソース添えとソーセージ」について開発メンバーのひとり柳本貴央さんは「朝、飛行機の中で気軽に食べられるように、そんなに重くもないパンケーキを提案させて頂いた。中でもりんごのジャムは、普通のりんごジャムのようにしてしまうと甘みが強すぎると思い、アプリコットジャムを隠し味でいれることで酸味がプラスされて食べやすくなっている」と解説。

また「ジェットスター・カラフルリゾット ソーセージ添え」に関しては山本英利果さんが「ごはんがぼそぼそになってしまうのを改善するためにリゾット風にした。トマトソースの中に魚介が入っていることで味をより良くしていると思う」とアピールした。

プリオーダーミールは各メニューとも1000円で販売する。搭乗便の12時間前までにジェットスター・ジャパンのホームページ、コールセンターまたは旅行会社を通じて予約できる。ただし、ホームページ以外での予約の場合、メニューの選択はできないという。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集