カーAVC機器、駆け込み需要反動減でカーナビなど低迷し10カ月ぶりマイナス…5月

自動車 ビジネス 企業動向
電子情報技術産業協会が発表した5月の民生用電子機器金額は、前年同月比0.8%減の959億円で2カ月連続マイナスとなった。

このうち、カーAVC機器は同6.4%減400億円と10カ月ぶりにマイナスとなった。消費税増税前の駆け込み需要の反動減で落ち込んだ模様。

カーAVC機器の製品別出荷動向によるとカーナビゲーションシステムは同6.7%減の35万5000台と10カ月ぶりにマイナスとなった。ソース別では、フラッシュメモリタイプが同11.4%増の28万2000台と好調だったものの、HDDタイプが同36.1%減の7万3000台と落ち込んだ。

カーCDプレーヤーが同10.6%減の24万2000台と2カ月連続でマイナスとなった。カーDVDは同47.0%増の1万7000台と、9カ月連続でプラスとなった。ETC車載器は同14.2%減の23万1000台と9カ月ぶりにマイナスとなった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • カーAVC出荷実績、カーナビ好調、9か月連続のプラス…4月 JEITA調べ 画像 カーAVC出荷実績、カーナビ好調、9か月連続のプラス…4月 JEITA調べ
  • 2013年度のカーAVC出荷実績、4年ぶりのプラス…JEITA調べ 画像 2013年度のカーAVC出荷実績、4年ぶりのプラス…JEITA調べ
  • カーAVC出荷実績、カーナビが26%増で7か月連続のプラス…2月 JEITA調べ 画像 カーAVC出荷実績、カーナビが26%増で7か月連続のプラス…2月 JEITA調べ

特集